元メンサ会員のカワウソのブログ。脳科学・IQ・ブログなどについて書いていきます

カワウソは考える。

脳・IQ 脳科学の事実

『ネトウヨはiq低い』論は一部しか説明してない

更新日:


ネットスラングの中で「ネトウヨ」という言葉がある。

ネット右翼の略称だ。

明確な定義はないけれども、従来の保守・右翼的態度に付け加え、中国や韓国といった特定アジア地域への差別・排外主義がより激しい人・集団のことをいっていると思われるよ。

 

さて、そんなネトウヨ。

ネトウヨは知的能力の面でも低いことが指摘されている。

例えば攻撃性。IQの低い人は自分と異なる集団に対して攻撃的になる。

あるいは、IQの低い子供は将来保守的になることも指摘されている。

 

僕もこの主張に関しては同意する。

ネット右翼を擁護する意図は一切ないしその余地もない。

しかし、この情報から、「左翼・リベラルはIQが高い」という主張が展開されることに対しては強く反対している。

 

実際、リベラル系と思われる人が、ネトウヨ低IQ論からリベラル高IQ論を導き出しているのを時々見かけるけれど、実際のところは全く違うようだということを、以下かいていくよ。

注意

特定のイデオロギー・政治団体を揶揄・中傷または賞賛する意図は一切なく、純粋に研究結果とそこから導き出せる考察をしているにすぎませんので、誤解のなきようヨロシクお願いいたします。

 

ネトウヨと右翼は違う

右翼から非難されるネトウヨ

そもそもなんだけれど、ネトウヨ低IQ論の中で支持されているものは、右翼とネトウヨとを同じように扱っているものがすくなからずある。

右翼団体からも、ネトウヨは右翼は違うと断定されている。

右翼団体同血社会長・河原博史は、ネット右翼の排外主義・人種差別的な行動や発言に対して「ある民族を自分たちより劣等とみなしたうえで、自らの国は素晴らしいというのは、彼らが嫌いな中華思想に代表される自民族中心主義にほかならない」と非難した[22]。新右翼の一水会代表・木村三浩もネット右翼について「右翼の品格にあらず」と発言しており[23]、自らの属すような新右翼とは異なる別種の右翼と見る。元代表・鈴木邦男も、ネット右翼に対して「あの人たちは愛国者を気取っているけれど、むしろ国を冒涜しているとしか思えない。口汚く罵倒することが愛国心だと信じているならば、日本にとっても大きな迷惑ですよ 」と主張しており[24]、かつて西欧に対し堂々と公の場で「人種差別はNO!」と言った日本が、今やその西欧から逆に説教を受けているという現状は、まさしく「日の丸が泣いている」という表現が適当だとしている[25]

ネット右翼 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(太字は運営者による)

 

もともと右翼というのは、伝統を守っていこうとする人なのだから、しきたり・品格を大事にする傾向が強い。

しかしネトウヨと呼ばれる人の品行が、果たして上品だろうかというと、決してそうとはいえない。

 

また、伝統を守っていくことと、自国民族主義とはまるで違う。

日本は歴史的に、中国などの諸外国から文化を吸収し、それをもとに自分オリジナルのものをつくってきた文化をもつ。

江戸時代でさえ、オランダや中国から科学や文化を学んでいたことを考慮すれば、排外的になった時期はそう長くはないだろう。

 

そういうところを考えると、ネトウヨの排外主義・そして下品な行動は、右翼のそれとは一線を画しているといえるのではないかな。

 

『左翼・リベラルはIQが高い』という嘘

左翼高IQ論の根拠には罠がある

 

右翼とネトウヨとの違いを明らかにしたうえで、それでもやはりネトウヨは右翼的な性質を持っているのだろう。

右翼か左翼か関係なく、差別的な人はIQが低い

(くわしくは、

Dangerous and competitive worldviews: A meta-analysis of their associations with Social Dominance Orientation and Right-Wing Authoritarianism

を参照)

 

ネトウヨの低IQさはこのことだけで示されるのだけれど、もう一つ、保守的な人ほど低IQ(かつ、リベラルほど高IQ)ということを主張する人もいる

保守が低IQでリベラルが高IQだという主張の根拠として使われる論文の一つが、以下の

Bright Minds and Dark Attitudes: Lower Cognitive Ability Predicts Greater Prejudice Through Right-Wing Ideology and Low Intergroup Contactだ。

(日本語で、かつ分かりやすい書籍であれば、橘怜 『もっと言ってはいけない』などに同様の結果が書かれています)

 

この論文(グラフ付き)を読むと、保守ほどIQが低く、リベラルほどIQが高いという結果になりそうだ。

この議論に関してはツイッターバトルが行われたこともある。

頭が良い人はリベラルになる? ジョンお姉さん&Masato ONOUE氏 ツイートまとめ

 

しかし、ここに罠がある。

この論文も、あるいは『もっと言ってはいけない』もだけれど、幼少期のIQと今現在のイデオロギーとを比較している

 

つまりここからは

『小学生時代に高IQだった人は大人になってから左翼にかたむく』

『左翼系にいる人は、学生時代IQが高かった』

といったことが言える。

 

どのデータも、現在のIQと現在のイデオロギーとを比較してはいないんだ

もちろん、低IQのこどもが成長して高IQになることは少ないし、高IQの人が急速にボケるという話もあまり聞かない

しかし、子供時代IQが高かったからといって、現在もリベラルのIQが高いとは言えないというのが現実のようだ

その点については、次の章で説明するよ。

 

IQ的に最高のイデオロギーは『中道保守』

現段階でのIQとイデオロギーとの関係を示した論文はないだろうか探した結果、Political orientations, intelligence and educationが見つかった。

この結果については、記事右翼も左翼も行き過ぎるとIQが低くなるという事実にもかいているから参考にしてほしいよ。

 

その調査結果によると

最もIQが高いのは、リベラルではなくてなんと中道保守なんだ。

保守であれ、リベラルであれ、偏りすぎている集団の平均IQはどちらも100をしたまわっている。

少なくともIQ的には、「右がいいか、左がいいか」という二択の選択ではなくて、やや保守的な人が最もよいということになりそうだよ。

 

重要なのは『相手の意見を聞く能力』

しかし、「中道保守が一番!他はバカ!」みたいなことをいうのもまたどうかしている。

ぶっちゃけ、保守かリベラルかはわりとどうでもいい。

(そもそも保守・リベラルの二極的考えが時代遅れという声もある。立憲民主党の枝野幸男代表などは、自身について「リベラルかつ保守」とも言っている)

 

上の論文の先行論文では、「中道的な立場にある人は柔軟に対応し、極右とか極左にいる人は頑固になる」と考察されている。

この考察のもと進めれば、極右や極左的な考えの持ち主であっても自分と異なる意見を受け止めればいいし、中道にいるひとであっても自分のイデオロギーと異なる人を撥ねつければ低IQの可能性は高い。

 

特定の主義主張に凝り固まるのではなく、いろんな意見を聞いて総合的に判断するのが大切だということだね。

今回はここまでだよ。

 

コチラもオススメ!

理屈っぽい人は論理力に乏しい人だという話。

右翼も左翼も行き過ぎるとIQが低くなるという事実


 


-脳・IQ, 脳科学の事実
-,

Copyright© カワウソは考える。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.