元メンサ会員のカワウソのブログ。脳科学・IQ・ブログなどについて書いていきます

カワウソは考える。

ブログ 新型コロナウイルス

コロナ禍でもブログをつづける理由

更新日:


はいどうも、カワウソだよ。

先日、コロナ禍のせいでブログの収益が大幅に落ちたことを報告した。

コロナの影響はブログにもきています。2020年4月の収益を可能な限り語る。

しかし、それでも僕は記事を書き続ける。

 

思えば、このブログはかなり継続している方だ。

というのも、ある方の調べでは、ブログ開設から1年たったブログのうち6割は『3か月以上更新なし』または『閉鎖』だったという。

(ブログを続けられている人の割合を調べてみた より)

当ブログは2017年の8月に運営を開始、あと数ヶ月で開始3年を迎える。

その間にいろいろなことがあった。1ヶ月で3000フォロワーという快挙を成し遂げたとあるブロガーは3か月で辞め、僕がブログを始めたときに参考にしていたブログの半数以上が現在活動休止している。

やはりブログは思ったよりもうからないというのが、多くのひとが体験するところだ。実際僕自身今でもそう思っている。

そして、このコロナだ。ブログで生計を立てている人(もうほとんどいないと思うけど)にとって死を意味する。

 

今回は、コロナの今でも自分が記事を書き続ける理由を書いていこう。

未来の、ブログをはじめようとする人が途中で辞めるのを少しでも防ぐことができたらうれしいよ。
『今』もうからないからやめるのはもったいない

ブログの効果は3か月後に分かる

 

まず、ブログは儲からない

少なくとも、書いて数日後に記事が伸びるというのは極めてレアケースだ。

ただし、これが3か月後となるとわからない。

 

『結果はあとからやってくる』という言葉があるけれど、ブログの世界はまさにそうだ。

特に、僕の場合ブログ村もほとんどやっていないし、Twitterからの流入も積極的には行っていない。

Google流入がアクセスの9割近くを占める。

そんなだから、Googleに載るか載らないかがアクセス数を大きく左右する。

で、Googleなどの検索エンジンは、新米の記事をそうポンポンと打ちだすような真似はしない。ほかにライバルがいないようなところでも、どれだけ上質な記事でも検索上位に入るためには1ヶ月くらいはかかる(ただし芸能・時事を除く)。

今書いた記事がアクセスにつながるのは、3か月後になってくる。

 

で、僕たちは3か月後の未来を予想できるだろうか。

多くのひとは、できないだろう。

逆に、3か月前のことを考えてみよう。今は2020年4月30日なんだけど、その3か月前、同年1月30日の日本国内で、コロナ感染者数は合計でわずか14名だった。まだダイヤモンド・プリンセスがどうたら言っていた時期で、「なんかコロナ怖いねー」って多くのひとがまだまだ他人事だったと思う。

今、4月30日時点でたった1日で236名もの人が感染確認された。政府は緊急事態宣言を延長しようとしている。

 

最初から警告していた人もいただろうけれど、多くのひとは3か月前、こうなるとは思っていなかっただろう。

で、これは逆に3か月先のことにも言える。現在、少しばかりだけど日ごとの感染確認者数は減少している。自粛を徹底して検査を受ける人が少なくなっているのが一因だろうけれど、どちらにせよある程度の自粛効果は出ている。

さすがに3か月後感染者がゼロにはならないと思うし、むしろ増えている可能性もある。だけど、それは分からない。

3か月後、オンラインを徹底した結果新たな産業が生まれている可能性だってある。頭のいい人がは何かしら新しい発明をしているかもしれない。安倍総理が僕のブログを紹介するかもしれない。それはさすがにない。

全部全部可能性の話でしかない。でも、今言いたいのは、「3か月後の未来を正確に予測できるひとはいない」ということなんだ。

 

その、『もしかすると』に賭けられる人は、ブログを続けられると思うよ。

 

 

収益を第一目標としていない

金を目的にするといいものが作れない

また、そもそもなんだけど、今の時代、最初からブログで金儲けしようと考えるのはちょっと愚かしい。お金なんてほとんど気にしないくらいのほうが、結果的に儲けにつながると思っているよ。

僕のブログは、ほとんどの記事でGoogleアドセンス広告とAmazonの宣伝くらいしかしていない。ほかの人はもっといろんな種類の広告を出している。僕もいろんな広告をA8とかを利用して貼り付けていた時代もあったのだけれど、面倒がって止めてしまった。

しかし、これが結果的によかったのかもしれない。僕としては、おそらくもっと広告にこだわっていたら、それこそさっさと辞めてしまっていたと思う。

というのも、お金にとらわれすぎるといい記事は書けなくなるんだ。

 

経験もあるけれど、実際心理学的にもアンダーマイニング効果というのがある。

人間の幸福感には2種類ある。

一つは、お金だったり人から褒められたりといった『外からの』幸福。ブログでいうとアクセスもこれにあてはまると思う。

もう一つは、達成感などの『内側からの』幸福。

外からの幸福を目的として何かをやると、モチベーションが失われてしまうんだ。

 

この効果のことをアンダーマイニング効果っていうんだけど、ブログを早々にあきらめてしまう人は子の効果を受けているんじゃないかな。

上でも書いたけれど、結果が出るのは3か月後だ。そして、その時には自分がどんな記事を書いたか忘れてる。

お金のことはほどほどに、『趣味』として執筆をつづけた方が結果的にのが続きすると思うよ。

 

今回はここまでだよ。

短期的な結果に執着せず、ポジティブに物事をとらえよう(^●ω●^)

こちらもオススメ!

コロナの影響はブログにもきています。2020年4月の収益を可能な限り語る。

 

私の好きな歌手・小倉唯さんの『白く咲く花』。

この歌の中に、「誰かに「いいね」と言われなくても 自分でそう「よかった」と言える人生がいい」という歌詞があります。

この歌を受け止め、外からの報酬ではなく、自分自身で満足できる記事をかけるよう心掛けてゆきます。


-ブログ, 新型コロナウイルス
-,

Copyright© カワウソは考える。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.