元メンサ会員のカワウソのブログ。脳科学・IQ・ブログなどについて書いていきます

カワウソは考える。

脳・IQ

IQ130を超えるとむしろ社会で成功しづらくなる

投稿日:


はいどうも、カワウソだよ。

世の中にはギフテッドと呼ばれる人がいる。

ギフテッドとは、特別な才能を『天から与えられた』人という意味で、その名の通り、ギフテッドと呼ばれる人の中には、間離れした才能を持っているケースが多い。

しかし一方で、その有り余る才能を活かせずに、むしろ苦しんでいる人もいる。

 

今回は、ギフテッド、その中でもIQの高い人がなぜ生きづらい思いをしているかを考えていこう。

実際は、IQの値だけでギフテッドかどうかを判別しているわけではないのだけれど、かつてはIQ130がギフテッドか否かの唯一の基準だったそうだし、今回は単純化のためにも、IQ130以上の人がなぜ社会で成功しにくいのかを考えていくよ。

 

 

IQ130以上はどのくらいの割合でいるのか

IQ130以上は人口の2%を占める

そもそも、IQ130以上の人は世界にどのくらいいるのだろうか。

結論から言うと、人口の2%を占める。偏差値で言うと70と71のあいだくらいだ。

なお、最近メディアで時々取り扱われているMENSA(メンサ)は、IQ130以上であることが入会条件となっている。

 

ここで、メディアなどでメンサ等について聞いたことのある人は、「あれメンサってIQ148以上なんじゃなかったっけ」と疑問に思うかもしれない。

実は、IQ130以上という表記もIQ148以上という表記も正解なんだ。

どういうことか。

 

知能指数をはかる検査はいくつかあり、検査によって『標準偏差』というものがわかれている。(詳しくは統計学を学んでください)

一般的に用いられるウェクスラー式検査では標準偏差は15、一方で、キャッテル式というのもあって、そちらは標準偏差24だ。

成績が上位2%に位置する人をウェクスラー式で表記するとIQ130になるし、キャッテル式で書くとIQ148になる。

メディア的には数字が大きい方が「すごいじゃん」ってなるから後者を使うことが多いのだけれど、このブログでは正確性や汎用性を考慮して、前者を採用しているよ。

 

なぜIQ130超えは生きづらいのか

『IQが高すぎる』はむしろ不都合だ

では、なぜ、人口の2%を占めるIQ130超えの人は社会で成功しにくいのだろうか。

以下、2つの理由を考えていくよ。

 

まず一つ。『IQが高すぎるから』。

そもそもIQとは何かというと、パターン認識能力論理的思考力のことだ(本当は他にもあるんだけれど、高IQの人は他の人と比べて特にこの2点の能力が優れている)。

この能力が高い、むしろ高すぎるとどうなるか。

 

一言で表すと、『一般的な人の感覚がわからなくなる』んだ。

よりはっきり言うと、『IQ130以上の人は、そうでない人が何か理解につまずいていることが理解できない』。

 

例えば、メンサ会員の著書はそうでない人のものと比べて『簡素すぎる』場合が多い。

あるメンサ会員・医学博士の方の著書のレビューをAmazonで読んだけれども、「目新しいものが一切ない」とさんざんな評価だった。

その本を読んでみると、ほとんど理屈(とわずかな科学的証拠)のみで構成されていた。

 

正直、論理的に考えれば、なにか目新しいものがなくても何も問題ないし、具体的な事象など必要ない。だからIQ130以上の人は具体例を省略しがちだ。

確かに、具体的な例を入れた方が、多くの人にとって理解しやすいだろう。

しかし、IQ130超えの人は『理解できすぎる』ために『具体例が理解をはかどらせる』ということが理解できない。

 

このブログでも、ギフテッドを名乗る子持ちの方から、『なぜ自分の子供が間違うのかが理解できなくて困っている』という旨の内容をいただいたことがある。

IQ130以上の人は「他の人がなぜ理解できないのかがわからない」。しかし、それを直球で言うとイヤミに聞こえてしまいがちだ。

それで孤立してしまって、成功しにくくなるのではないかな。

 

 

IQ130超えの多くは『他の能力』が大きく欠如している

 

もう一つ、IQ130超え、というより他のハイアチーバーにもありがちなことなんだけれど、自分の能力の高さで、別の何かが犠牲になっているというケースも多々としてある。

その典型的な例が、太田三砂貴(おおた みさき)さんだ。

太田三砂貴さんは、何とIQ188という異次元頭脳の持ち主だ(仮にこれがキャッテル式だとして、ウェクスラー式に換算すると155となる。それでもスゴイ。)

しかし、そんな彼は高卒・無職だったという。

どうしてこうなった…IQ188の太田三砂貴さんが現在無職!

(現在は芸能プロダクションEXELLINGに所属しているようです)

 

TBSの『1番だけが知っている』という番組に出ていたのだけれど、そこで太田さんの特徴がいくつか垣間見れた。

音楽や絵画の才能はある一方で、文章を読むのが苦手だそう。

さらに、語彙力が低い。これは番組放送後ツイッターで何人か指摘していた。

IQという能力がめちゃくちゃ高いのは、彼の脳の、本来読解や語彙に使われるべき部位までIQや音楽・絵画に費やされた結果なのだと思うよ。

 

他の高IQ者も、この傾向を持っている。

得意なことと苦手なことの差が激しすぎるんだ。

 

僕自身、めちゃくちゃ方向音痴で、駅から「徒歩5分」の場所は、僕にとって「基本的に徒歩20分」を意味するし、自分の大学でさえ、教室が見つからず遅刻することが多々としてあった。

アメリカなどではこういった天才を評価する環境が比較的整っているのだけれど(それでも学歴フィルターは存在するので完璧とはいいがたい)、日本ではどうも、短所が厳しく見られがちだ。

IQ130を超える人の多くが他の能力を著しく苦手としているのであれば、それもまた、彼らが成功しにくい一因だろう。

 

 

IQ130超えには長所を強みにしよう

IQ130超えが活躍するは『けものフレンズ』

 

 

IQ130超えの人が理想とする環境はどういうところか。

僕は『けものフレンズ』の世界が最適だと思っている。

けものフレンズがどういうアニメなのかはここでは深く説明しないけれど、大切なのは、このアニメの中でキャラクターが自分たちの個性の差を認め合い、誰かの短所を他の誰かの長所で補完しているという点だ。

みんなが認め合う世界はIQの高低にかかわらず理想的なのだけれど、特にIQ130超えの人は、自分が認められる場所では存分にその能力を発揮する。

 

今回はここまでだよ。

日本は会社の調和を重用する社会だそうだけれど、個性を認め合い伸ばし合う社会になっていけば、IQ130以上の人だけでなく、芸術分野に秀でた人、そうでなくとも自分の長所が伸ばせてより幸せな社会になるのではないかと思っているよ(^●ω●^)

 

 

コチラもオススメ!

IQ120前後がこの社会では最も生きやすいという仮説


-脳・IQ
-

Copyright© カワウソは考える。 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.