公開日:

なぜ天才は孤独を好むのか


はい、どうも。ヤマダカワウソだよ。今日も頑張っていこう。

 

世の中には外交的な人と内向的な人とがいる。

そして、どちらがいい性格かというと、なんとなく外交的な人の方がお得というか、プラスな性格だと思う人がおおいのではないかな。

外交的と内向的という言葉だとそこまで違いはないかもしれないけれど、それらの言葉を『陽キャ』と『陰キャ』に言い換えれば、圧倒的に陽キャの方が好まれるのではないかと思うよ。

実際、アメリカでは日本以上に、外交的・社交的であることがプラスとされている。

 

しかし、では天才は外交的か内向的かというと、圧倒的に内向的で、人付き合いの悪い人が多い

フェルマーの最終定理を証明したワイルズは7年間自宅に引きこもり、仲間の数学者は彼が行方不明になったと勘違いした。

 

スティーブ・ジョブズは外交的な天才だと思われるが、禅にのめりこむなど、独りになる時間を求めた。

また、ジョブズと話したところで相手を怒らせることもしばしばあった。

会話を楽しむというような外向性はなかったのではないかと思われるよ。

 

今回は、なぜそういう天才は孤独を好み求めるのか、考えていこう。

天才はなれ合いの限界を知っている

雑談には目的がない

まず、天才とか頭がいい人とかにとって、そうでない人との話し合いから得られるものは少ない。

確かに、雑談には、セレンディピティという、偶然の発見が沸き起こるかもしれない。しかし、それは特定の目的を達成するにおいてはかなり効率が悪い。

 

ちょうど、新入社員にとっての飲み会と同じような感覚だよ。

飲み会は、目的がない場合が多い。少なくとも、上司が愚痴を言いたいだけということが多い。

それと同じで、知能の高い人は、目的のないことに時間を費やすことを嫌う。

目的のないことに何時間も使うのであれば、読書したり情報収集したり、あるいは思索したりする方がよほど有益だろう。

 

 

わざわざ人と会わなくても法則を見出せる

天才は『盗む』

しかし、偉業を達成するためにはセレンディピティが必要なことが多い。

人とつるまないのであれば、天才とよばれる人はどこからセレンディピティとか、とてつもない発見を得ているのだろうか。

 

答えは、『他の情報』からだ。

天才と呼ばれる人は、わざわざ人と会って交流しなくても、いろいろな情報から『盗む』。

これはピカソが言ったとされる言葉だけれど、

凡人は模倣する。天才は盗む。

 

では、模倣することと盗むことは、何が違うのだろうか。

僕が思うに、ここでいう『盗む』とは、そのモノやアイデアの真髄・重要なところを抽出し、自分のモノにすることではないかな。

即ち、天才といわれるひとは、何かを見て、何が素晴らしく、そしてどこが作品をダメにしているかを判断することができる。

一方で、天才ではない人は、作品を見てもどこが素晴らしいのかが見えておらず、真髄を当てられない。だからそこからインスピレーションを得ようとしても、パクリといわれてしまうのではないかな。

 

この点は、高IQの人の特徴とも一致している。

MENSAの試験では、いくつかの図形を見て共通点・法則に気付くかどうかをテストしている。

いくつかの情報を得ることで、共通点を抽出し自分のモノにできるから、わざわざ議論する必要性を感じないのだと思うよ。

 

天才は天才とつるむ

『類は友を呼ぶ』の法則

とはいえ、天才の全員が全員全く誰とも話さないわけではない。

ただ、同じような知的能力の人と話す傾向にあると思うよ。

 

というのも、知的レベルの高い人がそうでない人と話すと、はっきり言って物足りなく感じる

話すスピードだったり、あるいは知識レベルの違いだったり、いろいろと違うことがある。

 

逆に、IQが平均的な人からすれば、高IQの人は話を飛ばしすぎたり抽象化しすぎたりして、「面白くない」と感じるかもしれない。

 

IQ140超えの人のブログ記事から引用すると、話はわかるけどお互い面白くないよねということになる。

したがって、人々は自分とさほど知的レベルの変わらない人と話をしたがるのではないかな。
となると、天才が孤独化するのもうなずけるだろう。

なぜなら、天才は凡人より絶対数が少ないからだ

知的レベルないし感性のレベルが極端に高い人が、自分と同じレベルの人と会うことはまれだ。

そのあたりが、天才を孤独へと導いていくのではないかと思うよ。

 

まとめると

天才が孤独化するのは

・そもそも雑談のコスパが悪い

・雑談をせずとも他の情報や傑作と『会話』する

・多くの人は、天才とは話が合わない

ことが理由ではないかな。

 

今回はここまでだよ。

陽キャなみなさんは、孤独で陰キャ的な僕たちを見かけても差別せず、天才かもしれないという目で暖かく見守ってくれると嬉しいな(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

なぜ天才の多くは変人なのか

頭のいい人の特徴を元メンサ会員が考えてみる

結局脳を鍛えるにはどうすればいいか、元メンサ会員が考えてみる

マルチタスクは脳を破壊する!? 脳科学で判明した脳の鍛え方とは

 

いま、わたしができること。|3.11企画 – Yahoo! JAPAN

 

 

 


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください