元メンサ会員のカワウソのブログ。脳科学・IQ・ブログなどについて書いていきます

カワウソは考える。

脳・IQ

高齢者が老害化する必然的理由が判明した件

更新日:


はい、どうも、ヤマダカワウソだよ。

今日も頑張っていこう。

近年、市民権を得た言葉の一つに、『老害』がある。

高齢者の中で、暴言を吐いたり、店員に理不尽なことを言ったりする人のことを言うね。

最近では、例えば高速道路を逆走し事故を起こす高齢者のようなのも『老害』と扱われるよ。

今回は、なぜこのような『老害』が目立つようになっているのか、考えていこう。

なぜ老害は出来上がるのか

脳機能の低下

まず第一に考えられるのは、脳機能の低下だよ。

良く知られているように、同じ人間でも、成人以降は年を重ねるにつれて脳の機能が衰える。

とりわけ衰えが著しいのが、流動性知能と呼ばれるものだ。

流動性知能は、例えば、論理的な推理に基づいて判断したり、地図を見て理解したりする能力。

一般に言う「頭の良さ」はこの流動性知能のことをいうよ。

加齢によって、この知能は減少していくんだけれど、60代までは意外にもほとんど衰えない。

しかし、70歳を過ぎてからは急速にこの流動性知能が衰えていく。

(参考サイト:長寿ネット

この急速な流動性知能の衰えにより、頑固になったり、自分が逆流していると気づかなかったりするんだね。

フリン効果

若い世代ほどIQが高い

しかし、老害といわれるのは、果たして全員が全員70代以上なのだろうか。

老害といわないまでも、理不尽な請求をしてくる人は50代60代くらいの人の中にも見かける。

脳が老化していないとしたら、それはなぜなのだろう。

実は、人間は世代が進むにつれて知能が高まっているんだ

フリン効果と呼ばれるものだよ。

これによると、人々の平均IQは10年ごとに3ポイント上がっているそうだよ。

1960年の20代の平均知能が100だった国では、2000年の20代の平均知能は112になるということだね。

逆に言えば、若い世代の方からすると、年配世代は、判断力や推理力が、老化の分以上に劣って見えてしまう

だから、老害扱いされかねないのではないかな。

将来老害は増えるのか

僕らが老害化する可能性は十分にある

フリン効果はなくなってきている

さて、では将来老害は増え続けるのだろうかを考えていこう。

実は、先ほど述べたフリン効果、すでに先進国では効力を失っている。

ノルウェーの研究で、ノルウェー人男女の誕生年と、18歳または19歳時点でのIQの関係を調べた。

これによると、IQの上昇は1975年生まれをピークとして、それ以降は1世代(約30年弱)ごとにIQが7ポイント減っている

となると、さっきうえに書いた

「老害の原因は、年配世代の知能が低いから」という仮説は成り立たなくなる。

むしろ、

彼らの20代だったころと比べて現代の20代は能力が低い可能性があり、それが老害化の一因ではないか」ということになる。

となると、今後この、負のフリン効果が続けば、僕たちが今できるようなことが、将来の若者はできなくなっているかもしれない。

そうなると、それに呆れて小言の一つ言ってしまう、老害になってしまう虞もあるね。

老害化しないための対策

弱い者のことを考える・柔軟に考える

では、老害化しないためはどうすればいいだろうか。

一つ提案するのは、『弱い者、弱い立場の人にも差別しない』こと。

自分ができて当然だと思うようなことでも、脳機能的にできない人はいる。

だから、「なんでできないの?」という言葉を嘲笑の意を込めて発したり、「なぜできないの!」と怒ったりしないこと

そして『自分と違う意見にも柔軟に対応すること

新たな事実、自分の知らなかった事実を知ったら、それを柔軟に検討し、自説が間違っていたら訂正すること。

こういう能力を若いころから身につけておくと、老害化しにくくなるのではないかな。

今回はここまでだよ。

世の中の高齢者が、より健全になる未来になってほしいな(^●ω●^)

コチラもオススメ!

悲報:権威に従順な人はIQが低い傾向にあります

平均IQが高い国はむしろ生きづらい説


-脳・IQ
-

Copyright© カワウソは考える。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.