公開日:2019年1月7日

カップルが同棲するメリット・デメリットを実体験から書いてみる


はい、どうも。ヤマダカワウソだよ。今日も頑張っていこう。

世の中には、結婚前から同棲を始めているカップルが存在する。

20代・30代の人は比較的抵抗ないだろうけれど、中高年世代の人の中には、「わざわざ結婚してできるようなことを結婚前にするなんて」と反対する人もいる。

では、実際同棲することはカップルにとってメリットだろうか、それともデメリットになるだろうか。

今回は、過去2回の同棲経験があり、現在も彼女と数か月同棲している身から考えた、同棲のメリット・デメリットを考えていくよ。

関連記事→ 女性と付き合うのに『男のプライド』は要らない

年上彼女の良さを考えてみた

同棲のメリット

結婚すべきかどうかを見極められる

まず、同棲の一番の特徴は、結婚生活が明瞭にわかるという点だろう。

具体的には、例えば、彼氏が積極的に家事をするかどうかだったり、彼女は部屋をきれいにしているかとかだったり、いわば、かっこつけしないアリのままの相手が見れる。

週1数時間のデートであれば、精いっぱいかっこよい自分になろうと努力できるだろうけれど、週7でいつも同じ家にいれば、1ヶ月もたたないうちに気が緩むだろう。

しかし、もし結婚を前提としているのであれば、そういう気が緩んだ時の相手を知らなければ危険だ

時間にして生活の10%も占めていないデートであればごまかせる欠点も、同棲して生活の50%以上を見られてしまえばごまかせない。

いわば、相手の欠点や特徴を完全に踏まえた上で結婚に進める

その点において、最低でも1週間、できれば半年以上は同棲してから結婚を決めることをお勧めするよ

忙しくても会える

次に考えられるメリットは、お互いが忙しくても会える・会うのに体力を消費しないという点だ。

これは僕の主観だけれど、デートはすごく疲れる。僕のようなインドアにとっては肉体的にも疲労を伴うし、また多くの場合お金がかかる。そうでなくても、かっこいい自分を見せようとして精神的に消耗するところは多い。多くの女性にとっては、化粧や服装選びにもいつも以上に精を出すだろう(最近は男性でもそういう人は増えてきたと思うけど)。結果、デートは体力・気力を消費する

これが、体力のある人ならまだしも、もともと気力の少ない人、あるいは、仕事や学業に体力を大きく奪われている人にとっては、デートをする体力・気力は底知れないものとなる(僕がこのタイプだ)。

しかし、同棲するならば、こうなる心配はいらない。

最初は気を遣うかもしれないけれど、例えば僕の場合1週間たてば慣れてしまった。

仕事が忙しくても、「仕事と私とどちらが大事なの」といわれる可能性は減らせるのではないかな(かくいう僕は、パートナーに対してこう思ったことはあるけれどね)

同棲のデメリット

『美しくない彼女』『かっこよくない彼氏』を見ざるを得なくなる

さて、同棲のメリットをあげてきたけれど、ぶっちゃけデメリットも多い。

その最たるものが、『完璧でないパートナー』を見てしまうという点だろう。

デートでも、完璧な彼氏彼女を演じられる人は少ないだろうけれど、同棲においては、もっと『ありのままの自分』を見られてしまう。

例えば、僕がパートナーから指摘されたのは「鍵やスマホを所定のところに置かない」という点。

こういうことは、同棲しなければ気づかれにくい点だよね。

これは細かな例だけれど、これ以外のことも、毎週のように注意されているし、また僕も相手に注意している。

デートという「ハレ」ではなく、同棲によりパートナーが「」となることで、お互いの短所がどんどん見えてしまう。

これを嫌がる人もいるだろうけれど、もし短所が暴かれても相手を不快に思わないのであれば、結婚も念頭における仲ということではないかな。

『男尊女卑』彼氏を持つと地獄

完璧でないパートナーに関連して、特に女性が注意しなければいけないことがある。

それは、下手をすると彼氏の便利屋になるおそれがあるという点だ。

というのも、同棲は男性の側からすると、生活費が安くて済むから真面目に働かなくて済む・劣情を催したらいつでも迫れる・家事を全部やってくれるなどのメリットがある。(男女同権が叫ばれる中、まだまだ「家事は女がやるもの」だと思っている人は多い)

これらのメリットは、女性側からすればすべてデメリットだろう。

女性側からすれば、家事や金銭面の負担も増えるし、彼の夜生活のサポートをしなければいけない。

理屈の上では逆もあり得るけれど、とにかく、そういうダメ男に同棲を許してしまったら、地獄を見るだろう。

(参考サイト: https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7217102.html )

それを防ぐためにも、「好きだから」という理由で相手のわがままを受け止めるのではなく、嫌なことは毅然と断る覚悟を持ってから同棲に挑むことをお勧めするよ。

まとめると

同棲は、カップルにとっては相手と結婚すべきかどうかを見極めるいい機会となる。

そのぶん、そりが合わなければストレスフルなものになりうる。ストレスをため込む前に、お互いの気になる点を逐一報告しあう勇気をもとう。

今回はここまでだよ。

同棲するときは、お互いのことを尊敬しながら暮らそうね(^●ω●^)

コチラもオススメ!

女性と付き合うのに『男のプライド』は要らない

なぜ日本は男女平等ランキングが低いのか


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部卒。クイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください