ハロウィン後の渋谷にごみ拾いに行ったら思いのほか綺麗だった話


はいどうも、ヤマダカワウソだよ。今日も頑張っていこう。

 

11月1日、ハロウィン翌日。渋谷でゴミ拾いをしたよ。

正確には、ゴミ拾いをしながら謎解きをしたわけなんだけれど、詳しくはこちらの記事に書いているからご覧になってね。

 

でも、実際行ってみると意外なことにゴミがほとんどなかったんだ。

今回は、本日体験したことについて書いていくよ。

 

1.意外にもゴミが少なかった渋谷

1.1.袋がなかなか満タンにならない

渋谷ハロウィンといえば、そこで出されるゴミの多さに定評があるね。

ハロウィンに限らず、渋谷は若い人が大騒ぎして、そのたびにゴミ問題が話題になるね。


僕は、28日の惨状や、W杯後のヒカキンさんの動画から、掃除に際しては覚悟を決めていたよ。

 

しかし、実際は違った。

いざ集まって、掃除中にとった画像がコチラ

テキトーに撮ったというのもあるけれど、大きい通りには、ゴミは落ちていなかった。

喫煙コーナー付近には大量のたばこが落ちていたし、少し歩くと吐しゃ物は落ちていた(?)し大変臭かったところもあるんだけれど、正直な感想としては、深夜11時の高田馬場駅ロータリーより数段マシだったよ。

僕が参加したごみフェスは、100人~200人くらいの人が参加して1~2時間ほど活動したんだけれど、それで集めたごみの量がコチラ。

参加人数、そして渋谷ハロウィン後ということを考慮すると、そうとう少ないんじゃないかな。

 

靴とか服とかの飛んでもないものが落ちていると腹をくくっていた僕は、逆にびっくりしたよ。

 

1.2.先に活動している人がたくさんいた

しかし、渋谷の暴徒たちが28日の騒動から反省し、ゴミを持ち帰ったのかというとそういうわけではない。

 

単純に、僕たちよりも先に活動している人が大勢いたんだ。

例えば、ハロウィン当日夜中にゴミ拾いをしてくれていた、ゴミヒロイバスターズのみなさん

 

それだけでなく、当日にも、ごみフェス以外にもいろんなグループがゴミ拾い活動をしていたよ。

彼らが先行してくれていたおかげで、僕たちは渋谷の惨状を目の当たりにすることなく活動を終えることができた。

渋谷ハロウィンのせいで、若い人全員がああいった変態仮装行列集団のように思われかねないけれど、こういった人がいうことで、まだまだこの国も捨てたものではないなと思ったよ。

 

今回はここまでだよ。

また来年も参加したいな(^●ω●^)

 

 

コチラもオススメ!

【ごみフェス】渋谷ハロウィンより100倍有益なイベントに参加します

 


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください