公開日:

井上純一『キミのお金はどこに消えるのか』読んでみた。 これまでの経済観を打ち壊す!?


はい、どうも。ヤマダカワウソだよ。

今日も頑張っていこう。

 

中国嫁日記』で有名な井上純一さんが、なんと経済の本を出した。

それが、『キミのお金はどこに消えるのか

 

 

題名のきっかけは、井上さんの奥さんの月(ユエ)さんの一言だそう。

 

井上純一さんは、中国の工場に送金するときに、円安のせいで高くついたことがあった。

そのさい、月さんはこういったそう。

円安になるとワタシたちお金減りますよね

減た分のワタシたちお金、誰が取りマシたか? (原文ママ、井上純一・キミのお金はどこに消えるのか)

僕たちは中学の社会で、円安とか円高とかを勉強した。

しかし、この月さんの疑問に答えられる人は少ないのではないのかな。

 

相対的なものだから、誰がとったというのはない。

しかし、ではなぜ円の価値が変動するのかだろうか。

それに対する答えが、この本には書かれている。

 

今回は、そんな『キミのお金はどこに消えるのか』の一部内容を紹介していくよ。

 

1.日本は破綻する論の嘘

1.1.マイナス金利は信頼の証拠

よく言われる主張として、日本ヤバイ論というのがある。

日本政府の借金がGDPより大きいからギリシャみたいになるだとか言われているヤツだね。

しかし、井上純一氏はその論に反論する。

 

そのキーポイントが、国債の長期利回り、そして物価だ。

国債は、ただ返すだけではなく、多くの場合金利が付加されて返ってくる。

そうでないと、だれも買わないからね。

 

しかし日本政府は利回りが低い。10年利回りだと0.15%(アメリカは3.24%)で、一部の利回りはマイナスだ。

投資目的ならば、日本よりもアメリカの国債を買った方がよっぽぢましだ。

しかし、ではなぜそんなに低いのか。

 

答えは、日本がそれだけ信頼されているということだ。

信頼の低い、途上国と呼ばれる国ほど、国債の利回りは高い。

崩壊する可能性が高い国が金を得るには、高い利回り率を設定する必要があるからね。

 

逆に言えば、これほど日本の国債利回りが低いのは、日本崩壊の危険が非常に低いと思われていることの証拠。

 

また、物価も日本円の信頼の証拠だという。

物価が安いというのは、円が高いということだ。

 

円の高低は、信頼の証拠。だから円高になりやすい。

だから、日本円は信頼されている。

というのが、キミのお金はどこに消えるのか 第1話の概略だよ。

 

1.2.消費税増税はなんの意味があるのか

 

来年度、日本では消費税10%増税が見込まれているね。

安倍総理は増税に反対の方針らしいけれど、財務省は猛プッシュしているというのが実情のようだ。

 

では果たして、増税によって、国はお金を回収できているのか。

感覚的には、回収できているはずだと思うよね。そうでなければ、なんのための増税だということになる。

 

では、結果を見ていこう。

ガベージニュースによると、消費税が導入された1989年度、一般会計税収(税金による政府の収入)は54.9兆円

2017年度は57.7兆円

なんと、消費税導入う・増税したところで国の税収はほとんど変わっていない。

2009年度なんて38.7兆円だったから、消費財があるにも関わらず、税収が減っているときもあったというわけだ。

 

もちろん、消費税による収入自体は増税とともに増えている。

消費税導入時にあ3.3.兆円だったのが、2017年度には17.1兆円となっている。

逆に言えば、消費税以外の税金。法人材などが減少しているということだね。

 

つまり、消費税増税→お金が国に吸われて消費低迷→モノが売れず給料減額→国がもらえる法人税額が減り、たいして儲からなくなる

という原理だね。

 

ちなみに、この税収についてのデータを作成したのは財務省だ。

……なんで増税を推しているんだろうね。

 

1.3.なぜ中国経済は成功したか

 

借金というと、悪いイメージがあるよね。

しかし、返す意思のある借金は、むしろ経済にとってありがたいことらしい。

キミのお金はどこに消えるのか では、以下のような例がのっている。

 

① Aさんが銀行に100万円預金する

② Bさんが銀行から70万円借りる

 

銀行がBさんに渡したお金はAさんのお金から来ている。

しかし、銀行が生み出したお金だけに注目すると、100万円だったものが170万円になっている。

不思議だけれど、この70万円はどうやって生み出されたかというと、Bさんが70万円借金したからだね。

 

漫画にはここまでしか書いていないけれど、ソフトバンクのように、何兆円も借金することで、その何倍ものお金を生み出す企業や個人も出てくるよね。

もしソフトバンクが一円も借金しなかったら、今でも無名企業だったかもしれない。

 

そういうことを考えると、借金は必ずしも悪いことではないということだね。

 

で、その原理を活かして成功したのが中国。

中国では、若い人にカードを作らせて、借金を促している。

それにより、中国国内でのお金の流通が増え、輸出入ではなく内需だけでやっていけるようになったんだ。

 

モノづくり大国ニッポンといわれるけれど、景気回復のためには、返す意思のある借金は必要ということだね。

 

2.マルクス資本論は何がまずかったか

2.1.剰余労働がありすぎた

中国といえば、共産主義のイメージを持っている日本人は多い。

たしかにその通りなんだけれど、どうも中国人にはそういう感覚があまりないらしい。

中国人の月さんも、「中国と共産主義は関係ないし、学校でもほとんど教えてない」といっている(キミのお金はどこに消えるのか より)

 

それはともかく、マルクスの『資本論』がソ連や中国を作ったことは間違いないだろう。

しかし現在、共産主義の、いわゆる社会主義国と呼ばれる国も、市場主義経済を一部取り入れている(北朝鮮を除く)。

 

一時期は世界有数のソ連を築き上げたこの考え方、どこが変だったのか、この点についても井上純一氏は書いている。

 

まず一つが、剰余労働について。

剰余労働とは、「給料以上の仕事をしている」ということだ。(残業のことではない)

 

例えば、4人の店員が時給1,000円で5時間働くとする。

それで、お店が30,000円儲けたとする。

給料として店員に払われるお金は4×1,000 ×5で20,000円だね。

ではの残りの10,000円はどこに行ったのか

 

それは、店長だったり、オーナーだったりの給料になるよね。

この1万円が、余剰労働だ。

 

逆に、もしこの余剰労働がゼロであれば、会社は儲けがゼロ。

倒産してしまうね。

だから、資本主義においてはこの『余剰労働』が必要。

しかし、このせいで、労働者は賃金の分以上の労働を強いられている。資本家に搾取されている!

 

これが、マルクスの言う余剰労働だ。

日本共産党がブラック企業撲滅に積極的なのも、なんとなくうなずけるね。

 

しかし、ここで問題が起こった。

余剰労働がありすぎた

 

例えば、資本家の孫正義さんが、北海道のとある農家のジャガイモを買い占めるとしよう。

その際、そのジャガイモにも、余剰労働のお金(余剰価値)が含まれている。

ジャガイモ農家もそれで儲けているのだから、作るのに1000万円かかったのなら、ジャガイモを例えば合計1200万円で売る。

そうすることで、資本家の孫さんもその余剰価値を払わざるを得なくなる。

 

そうなると、資本者が一方的に搾取するという構図は、少しおかしいことになる。

 

それについての詳しい情報や、トマ・ピケティのデータ、マルクスの労働価値説についても漫画には描いているよ。詳しくは買って読んでみてね

 

3.ただし過信は禁物

3.1.あくまで『人づて』

さて、ここまで書いてきたけれど、注意喚起しておくことがある。

それは、あくまで人づてだということ

 

この漫画の企画は、アル・シャードによる協力とあるけれど、このアル・シャードがなんなのか、調べてもよくわからない。

調べてみても、井上純一氏が書いたTRPGのタイトルとしか出てこない。

架空の組織だとは思っていないけれど、井上純一氏本人とかかわりのある組織の可能性は高い。

 

漫画の中では、このアル・シャード氏が経済のアマチュアだと言っている。

井上氏は、アル・シャードの講義を受けて、それをもとにこの漫画を描いている。

 

経済学者の飯田泰之氏による監修はされているから、完全な間違いというわけではないんだろうけれど、参考文献が欲しかったよ。

 

3.2.別の意見を読むことが求められる

もう一つ、これを読んで疑問に思うことがある。

井上純一氏は、自称経済のアマチュアであるアル・シャードの講義を受けて、大学教授の監修のもと、当漫画を発行した。

 

本には、経済の基本のキしか書いていないとあるけれど、そんな常識と外れている政策をなぜ日本はやっているのか

ということだ。

井上純一氏は漫画の中でこのように書いている

第二次大戦って今考えると無謀な戦いだったけどさぁ

当時の日本人は……

国のためになるって信じてやってたとおもうのよ……

頭のいい人まで含めて国全体が間違うことって……そんなに珍しいことじゃないかもしれない……

 

つまり、なぜ日本が、そうしないのかという疑問に「間違っていることに気付いていないから」と答えている。

その点はどうかと思うよ。そういった反対意見への反論もしてほしかったのが、率直な印象だよ。

 

 

纏めると、

『キミのお金はどこに消えるのか』は、経済の初歩を知るにはいい本だけれど、情報元などの面から、過信は禁物。

反対意見を書いている書籍も併せて読んだ方がいい

 

 

今回はここまでだよ。

ぜひ、読んでみてね(^●ω●^)


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください