公開日:2018年8月15日

小倉唯がすでにアイドルの域を超えている件について。


2018年8月15日。小倉唯さんの誕生日だ。

 

以前はアイドル声優といわれることもあったが、現在の小倉唯さんを見ていると、とてもそうは思えない。

別に侮蔑の意味を込めたわけではく、むしろ、小倉唯さんには「アイドル」というくくりに入れるにはもったいないものがある。

今回は、声優・小倉唯について、彼女の誕生日である8月15日本日、語りたいことを語ることにする。

 

 

1.アイドル声優とは

1.1.アイドル声優は「アイドル」の「声優」

この議論を考えるうえで、アイドル声優の定義を確認したい。

アイドル声優とは、端的に言えば「アイドル」な「声優」であろう。

 

では、アイドルとは、声優とはどういう存在だろうか。

まず、後者、声優に関しては定義は簡単だろう。

広義で、映像作品や音声作品に音声を入れる人のことだ。

その中でも一般に「声優」といわれて思い浮かぶのはアニメ声優だろう。以下、この意味で声優という言葉を使用することにする。

 

では、アイドルとはなんだろうか。

このアイドルという言葉は、何とも言い難い曖昧さを持ち合わせている。

アイドルの原義は偶像でありすなわち崇拝の対象となる。しかし、世のアイドルがこの使われ方をしているかどうかは非常に怪しい。

 

当然実際に崇拝している人もいるだろうが、それ以上に親しみやすさというものがある。

Wikipedia では、日本のアイドルは成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物とされている。

 

思えば、AKB48もももクロも、最初から完璧だったというよりは、むしろその反対に近い。AKB48の観客がわずか7人だったのは有名な話だが、ほかのアイドルも同じように、最初は少人数・歌やダンスも伸びしろのある状態からスタートしている人が多いだろう。

 

以上のことを踏まえると、アイドル声優とは、

成長段階にあり、その成長する姿をファンとともに楽しむ声優

ということになる。

 

1.2.アイドルと俳優・女優

アイドルの定義を、もう一つ別の視点から考えてみよう。

アイドルを、俳優や歌手と比較してみるとどうだろうか。

 

ここでもまた、Wikipediaの定義が役立つ。

つまりは、成長段階ということだ。

 

歌手や俳優は、100%演技や歌で評価される。いわば、結果がすべての業界だ。

これはアイドルと違うところだろう。

アイドルは成長段階で、いわば歌やダンスがまだ未完成ということだ。

いわば、過程が楽しまれている存在だ。

 

もちろん、この定義には不都合なところがある。

というのも、100点満点をとっくに超えて120点、200点くらいとっているアイドルも存在するからだ。

特に、卒業という概念の少ない男性アイドルには、この定義から外れている人が多い。嵐の皆さんを「まだ未完成」と表現することは、僕にはできない。彼らは完成されすぎている。男の私から見てもまぶしい。

 

しかし女性アイドルについてはどうだろうか。

まず、アイドルというからには若い。むしろ、中学生アイドルのように「幼い」と表現すべきアイドルも存在する。

一方で、30歳以上の女性アイドルというのは、ぱっと思いつかない。ここが男性アイドルとの大きな違いだろう。

 

前田敦子や大島優子のような、日本一人気のあったアイドルだって、一定の経験を積んだ後は、卒業し、女優になる(あるいは普通の女の子になる)。

 

少なくとも女性アイドルに関して言えば、アイドルとして成功し完成した人達が女優として活躍する、という図が見える。

 

2.小倉唯は何なのだろうか

2.1.小倉唯はアイドルではない説

では、アイドルに関する定義・考察を踏まえて、小倉唯は果たしてアイドルなのかどうか、みていこう。

 

結論から言えば、小倉唯はもうアイドルではない。私はそう思う。

年齢を言及しているわけではない。彼女はまだ23歳。実年齢も若い上に、見た目年齢はそれ以上に若い。女子高生といわれても納得できる。私は彼女のサイン会やお渡し会に行ったことがなく、最も彼女に近づけた距離が5mほどなので、まだ彼女が仮想少女なのではないか疑っている部分もある。それほど、彼女は完璧すぎて、いわば人間離れしているのである。

 

話を戻そう。

現在の彼女の歌・演出は完璧だ。

私には、小倉唯のミスを指摘することができない。あるとすれば、それはむしろアニメの編集者の能力によるところが大きい(アニメ『音楽少女』でOPの音量がやけに小さいことなど)

もちろん、小倉唯にも未完成で不完全な部分はあった。私が彼女を知った2014年の時点では、今振り返って思うと、成長の余地があるものだと感じる声優だった。

 

しかし、現在の小倉唯は完全といっていい。

もちろんこれは成長の余地がないというわけではなく、逆により成長の余地ができたということである。

たとえるなら、今までは100点満点を取ることに努めていたが、いつの間にか満点という概念がなくなり、努力と工夫次第で1000点でも1億点でも取れる領域に達していたということだ。

 

もし、100点満点を取る状態をアイドルというのならば、断言しよう、小倉唯はアイドルではない。

 

 

2.2.小倉唯は小倉唯である

では、小倉唯はどういう存在なのだろうか。

彼女が男性なら(変な表現だけど)、アイドルと表現していいだろうが、彼女は女性だ。

 

私には、小倉唯を表現する語彙を持ち合わせていない。

いうなれば、それが小倉唯という人物なのだろう。

 

私も彼女にならい、100点満点という壁を越えた存在になりたい。


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部卒。クイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください