公開日:2018年4月16日

なぜ内閣支持率が低くても政権交代が起きないのか


 

NNNの調査によると、安倍晋三内閣の支持率が30%を切ったよ。

安倍内閣支持率“危険水域”に 問題続々噴出で低下の一途

つい先日記した記事で、安倍内閣は支持率3割未満を経験していないと書いてしまった僕としては、厄介なことになってしまったなと思うよ。

さて、ではそんな安倍内閣低迷を受け、野党第一党の立憲民主党に政権が移るか、というと、そうとは言いにくいね。

低い支持率において退陣は考えられるけれど、そう簡単に政権自体は後退しないのが日本のこれまでの政治体系だったし、抜本的改革がなければ将来も自民党が長らく与党にい続けると思うよ。

とはいえ、低い支持率の際に選挙をしても、内閣が存続するケースもあるね。

2017年の選挙で森友加計問題があったにも関わらず自民党議席が過半数を取得したね。

NHK 2017年衆議院選挙 開票結果

 

当時、安倍内閣の支持率は37%。でも自民党議席は61%

この差は何だろう。

今回はそれを考えるとともに、選挙制度の改革を提案してみるよ。

※この記事は政権交代をおこしたいとか現安倍内閣への攻撃をしたいとかの意図はなく、だれが総理であるかにかかわらず共通する一般論の提示を意図していますので、あらかじめご了承ください。

1.内閣支持率低下で政権交代はおきない

 

1.1.支持率と議席数割合は一致しない

まずさっきも書いた通り、内閣支持率と与党議席獲得数の割合は一致しないね。

データから見ると、衆議院における自由民主党の議席数割合は、2005年9月、小泉内閣による郵政解散のあとで61.7%、同月の内閣支持率は58%.(Factboxより)

2017年10月の選挙では自民党議席取得率が61.2%、同月の内閣支持率は37%NHK世論調査より)

支持率は21%違うのに対して、議席率は0.5%しか違わない。

支持率を見ただけでは、それ以外の原次の選挙に勝てるかどうかわからない。

ほかに原因がありそうだね。

 

1.2.内閣支持率低下で起こるのは「退陣」

では、支持率の低下で何が起こるか

それは、政権交代ではなくて辞任・退任だね。

歴史的にも、短命政権だけでなく、長期政権も、支持率の低下→辞任というケースがおおく見られる。

小泉内閣のように、支持率が下がっても続投した内閣もあるけれど、それでも支持率低下は多くの内閣の総辞職の原因になっているようだね。

2.政権交代に必要なのは内閣支持率より政党支持率

2.1.選挙は「一番マシ」を選ぶ

というわけで、少なくとも日本では、内閣支持率が低下した時、総理は交代するけれど、あまり政権自体が変わることはすくない。

それはなぜか?

答えは簡単で、選挙では「一番マシな政党」が選ばれるから。

たとえば、もし今このブログを書いているときに解散が起こればどうなるだろう。

NHKの調査では、2018年4月の各政党の支持率は以下のようになっている。

自民党      35.4%

立憲民主党    8.5%

公明党      3.5%

希望の党     0.3%

民進党      1.4%

共産党      2.9%

日本維新の会   0.8%

自由党      0.2%

社民党      0.5%

その他政治団体  0.2%

支持政党なし   39.2%

無回答・わからない 7.0%

野党の中で最も支持率の高い立憲民主党の支持率が自民党の4分の1以下でしかないね。

もちろん実際の選挙では支持政党なしを選んだ人次第だけど、

与党の支持率が野党の支持率より低くない限り政権交代はおこらないというのは想像に難くないね。

辞任には内閣支持率、政権交代には政党支持率に注目した方がよさそうだね。

3.支持率を選挙に反映させるには

3.1.「清き一票」だから二番手に票が入らない

ではなぜ、選挙では「一番マシ」な政党が選ばれるか?

それは、選挙が一人一票性だから

一人一票だと、

「絶対この政党じゃなきゃヤダ!」っていう積極的支持と

「そんな支持してないけれど、ほかにないからな……」っていう消極的支持とが区別されないね。

もちろん平等選挙の原則はやぶってはいけないけど、議席獲得と、その政党が支持されたということが必ずしもイコールにはならない。

その意味で、一人一票制は完全な制度とは言えないんじゃないかな。

 

3.2 ネット投票なら、ひとり100票だって可能だ

そこで提案するのが、一人百票制度

数は十票でも千票でもいいんだけど、とにかく一人複数票持っていることが大事。

どういうことかというと、

例えば、自民党の積極的支持者なら自民に100票入れればいいし、

「ほかにいいのがないから自民党」って人は、自民党に50票、ほかの政党に30票、20票

のようにすればいいと思う。

「2位の切り捨て」が行われない分、政党支持率が議席数に与える影響が大きくなるはずだけれど、どうだろう。

もちろん、一人100票も投票用紙に一枚一枚書くのは現実的じゃないね。

でも、スマホ操作ならどうだろう?

これなら、候補者ごとに何票入れるか数字を書けばいいだけだから楽にできるんじゃないかな。

 

今回はここまでだよ。

国内外で政治が混乱している中で、政治システム自体を考えるのもいいかもしれないね(^●ω●^)


新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)


二つの政権交代: 政策は変わったのか


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください