公開日:

本当に申し訳ないですが、ブログ再開します!!


ブログ閉鎖を宣言してから1ヶ月。

毎日アホみたいに「モデレートしてください」とメールが来て、ブログのことを意識せざるを得なくなっているよ。なぜかTOEIC関連の記事にばかりスパムコメントが来ているよ。TOEICブロガーあるあるなのかな。

そんなスパムのおかげで、ブログのことを忘れられなくなっているよ。

このフラストレーションを解決するためにも、ブログ再開を決定したよ(^●ω●^)

1.ビューワーの増加

正直驚いたのは、みてくれている人が増えたという事実だよ。

ブログ界隈では、開始から半年経てば急速に視聴者数が増えるという経験則があるようだけど、まさにその通りになったよ。

主に増えたのは、GoogleやBingといった検索エンジンからの訪問。

時間が経って、Google検索で上位に表示されるようになった結果だと思うよ。

2.未達成の不快感

もう一つ、これはずっと思っていたことなんだけど、このブログで扱ったことが大抵未完成で終わってしまったんだよね。

どういうことか。

例えば英検。1級の一次試験合格に留まっている。極めて中途半端なままで終わってしまったんだね。

他にも、本来持っていたいろいろな目的を達成できないまま終わってしまっていたよ。

なんとなくむず痒い。よって、再開することに決めたよ。

3.バカなブロガーにならないために

ぼくは多くのプロブロガーを『こいつはバカだ』と思っているよ。もちろん、ぼくの知るブロガーが数えるほどしかいないというのもあるんだけどね。

岡崎体育さん騒動から派生して、お金を払わない人をファンと呼びたくないと書いて炎上したブロガーがいるけれど、

僕はああいう短期的思考しかできない人間になるつもりはないよ。

あくまでも長期的な思考を貫きたいよ。

仮説だけど、ブロガーが短期思考に陥るのは量で勝負するからだと思うよ。

脳科学者の中野信子さんも言っていたことなんだけど、仕事が遅い人の中にはその仕事のことをじっくり考える人がいるよ。

もちろん、受験のように限られた期間内で成果をだすには「今でしょっ」は正しいけれど、10年単位くらいで成果をだすためにはじっくり考えるのもアリだね。

これは竹内薫さんの「天才の時間」という本に詳しいけど、成果を出してる天才には、必ず何らかの「ヒマ」が生まれているよ。

例えば、ニュートンが万有引力の法則を発見したのは、当時のイギリスでペストが流行し、3年ほど自宅で勉強せざるを得なかったことが関係していると言われているよ。

ということで、どうも正しいこと・それなりのことを書くには時間が必要という結論に至ったよ。

よって、かなりマイペースに投稿することに決めたよ。週に2〜3くらいの、のんびり更新でいく予定だよ。

ブログ以外にも複数の稼ぎ口があるしね。わざわざ脳を消耗して過激なことを書き人を怒らせる必要はない。

もちろん、例えば計算など、熟考を必要としない記事も投稿するなりして、頻度の調整はするよ。

でも、例えば東大王を見てすぐに『水上颯の凄さとは!?』といった記事を出すのは控えるよ。的確な分析ができないし、ぼくも東大王を純粋に楽しみたいからね。

要は、PVとかはそこそこに、いい記事を書くことを意識するよ。拝金もとい拝PV主義者にならないよう心がけるよ。

というわけで、2月25日本日からブログ再開します。今後ともいろいろ騒がせると思うけれど、長い目で見てくれると嬉しいよ(^●ω●^)


天才の時間


日本再興戦略 (NewsPicks Book)


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください