公開日:2017年12月20日

活動家が、かえって活動を妨げる-ウーマン村本をダシにする活動家


ウーマンラッシュアワー村本さんが、あるつぶやきをしたよ

THE MANZAIのネタの関係で、左翼活動家から絶賛されたけれど、そのネタを、自分たちの政治思想に利用しようとしている人を、チクリとさしたよ

どうも、自分たちの披露した漫才が思わぬ形で使われようとしていたのを抑止しようとしたんだね。

 

活動家側からすれば、反自民活動をしようとして、逆効果になったんじゃないかな。

今回は、そんな活動家についてかんがえてみるよ。

*今回は、ウーマンラッシュアワーさんのツイート中心に記事を作成したので、非難の対象に偏りがあるかと思います。

しかし、その点は本質的なものではなく、特定の思想をバカにしている意図はないことを理解した上でお読みいただけると嬉しいです。

 

1.活動家はどんなことを言っているのか

1.1.村本の発言を真摯にうけとめよう

 

彼らのネタで、村本さんが力強く言ったのは

電気はどこへ行く!

というものだったよ。

村本さんが生まれた福井の原発で作られた電気が、福井ではなく関西に流れて行くことを皮肉った。

 

しかし、村本さん自身、原発に賛成とも反対とも言っていない

活動家のなかには、彼のネタをたよりに『原発反対』を訴えていたけれど、正義感が強いあまり、村本さんの漫才を曲解してしまっているんだね。

 

村本さんが言ったのは、あくまで『地方で作られた電気が大都市で使われる』というもの。

それが、活動家の手によって『原発反対』に解釈されている、オリジナルと異なるところを論点にしている、活動家論法というべき論法が使われているんだね。

なぜ過激な活動家の運動は結果が出ないのか

その言葉は、敵に届きますか?

 

これは自民系か共産系か民主系かによらないことだけど、

乱暴な言葉、ときにはヘイトスピーチと呼ばれる言葉を使って相手を負かそうとしている集団がいるよ。

しかし、それは逆効果で、内容の正しさにかかわらず、マスコミによって批判的に報道されるのがヤマだ。

 

乱暴な言葉遣いをすると、正論も伝わりにくいと思うよ。

言葉遣いを気にすれば、成毛眞さんに『文系脳』のレッテルを貼られそうだけど、

 

長期的に見れば、相手を論破して負かすよりも納得してもらう方が、味方がふえるという点で理にかなっているよ。

乱暴な言葉で論破したところで、その人が意固地になって、考えを改めようとしなくなるケースも考え得るからね。

炎上ブロガーなんかそうだね。

正しいことを言ったところで、

「社畜のみなさんは、マゾなんですかね?笑」

とか

「無能の文系脳の輩」

とか言われたらカチンとくるし、正論かどうかに関わらず、そういった意見を受け入れ難くなる。

 

それは人間、少なくとも日本人の性のようで、乱暴なことばを使えば、論理的に正しいかどうか判断する前に、感情的なしこりによって反発が生まれる。そうなってしまった人は、感情的に反論する。その結果、理性的な義理んができなくなり、収拾がつかなくなる。

これは、物事を進めていくにおいては不利益にしかならないね。

 

とすれば、自分の考えを伝える上では非常に効率が悪いと思うよ(アクセス数を増やすのが目的なら、また結論は変わるかもしれないけどね)

 

2.2.結論ありきになっていませんか?

冒頭にあげた例のように、論点がずれた意見を言う活動家もいるね。

もちろん、これは活動家だけに限らないことだよ。

Twitterで、とある議員がおもちゃにされたことがあるよ。(2018年12月現在、下火になっているもののまだツイッターで炎上中である)

 

その議員は、国立大医学部→東大→官僚という、超秀才的頭脳をもちながら、

あまりに強引な与党叩きを何度かつぶやいたことで話題となったよ。

カズオイシグロ氏のノーベル賞受賞を集団的自衛権につなげるという、小西論法・活動家論法を使っている。

こういう論法は、普段から反政府活動に参加している活動家からは共感されるだろうけれど、活動しない人からすれば、強引なようにおもわれる。

このような、結論ありきで話を進めると、どこか強引な感じになるのではないかとおもうよ。

 

 

内輪でなく、外に向けて発信しよう

じゃあ、どうすればまともな意見が書けるのだろうか。

 

建設的・生産的な意見にするためには、まともにならなきゃいけない。

まず、段階を初めからちゃんと踏む結論から始めるのではなくて、事実から順に話を考える。

でないと、途中でわけわかんないことが起こるからね。

 

もうひとつ、中立を意識すること。

敵を意識しちゃうと、

『相手はわけのわからない連中だ』

『どうせまともに相手して通じる相手じゃない』

となって、見くびった言い方になったり、強引な手段を取ろうとしたりするよ。

そうじゃなくって、

客観的に、あくまでも客観的なデータをもとに判断すること

 

理想的なのは、池上彰さんだね。

テレビや、ニュース解説書などではとくに、一見中立を貫いているね。

自ら意見を言うというよりは、

『こんな事実があるんですよ』

とデータを与えて、読者に意見を持たせる

佐藤優さんなどとの共著では、彼の考えがにじみ出ているところもあるけれど、

それでも、基本は事実に語らせている

『書く力』に書いてあったと思うけれど、

本当に伝えたいことは、控え目に言うのが池上さんのスタンスだそうだよ。

『こんなことをしたXを許すな!!』

と叫ぶのは、敵に向けては有効かもしれないけれど、それを見ている、中立的な人から見れば怖いと思われちゃう。

それよりも、

Xはこうこうこんなことをしました。』

とだけ伝えて、見てる人に怒ってもらう

そちらのほうが、長い目で見れば、仲間が増えるんじゃないかな。

今回はここでおしまいだよ。

何かを伝えるときは、ぼくもこの方法を使おうと思うよ(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

池上彰になるには『左遷』が必要!?  池上彰『知の越境法』 まとめ

テレビを信じてはいけない-フェイクニュースに騙されないためには

 


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください