公開日:2017年12月7日

Twitter,youtube,Instagramとブログとを比較してみた結果…


2017年流行語大賞にもなった『インスタ映え』

同年ノミネートの『ユーチューバー』

2010年流行語トップテンの『なう』などにみられるように、さまざまな情報発信の方法が盛んになってきたね。

それと比べると、ブログはオワコンと化している感は否めないよ。

「流行語トップテンなったのも2005年だしね」

ニコニコ動画ができる前に流行っていたと考えると、その歴史の長さを実感するね。

とはいえ、ブログはまだまだ他の媒体にはない特長があると思うよ。

今回は、Twitter、youtube、Instagramとブログとをくらべて、ブログとは何か考えていくよ。

なぜ正論ブロガー・正論youtuberは胡散臭いのか、考えてみた2017

1.ブログvsTwitter

1.1.ブログとTwitterはにている

まずはTwitterだね。

ぼくも発信者としてよく使っているよ。

まずは共通点。

一言でいえば、文字ベースな点だね。

さまざまな意見を言ったり、一方で日常生活を書いたりと、Twitterはブログの簡易版といったところだね。

逆に相違点はといえば、Twitterには字数制限があるという点だね。

Twitterには140字以内で説明しなきゃいけない。リプライなどを使っても、4ツイート、140×4=560字程度を超えると読む人は少なくなるね。

かえってブログでは、たいていの人は200文字くらい余裕で書く。

1000字を超えるものも珍しくないね。

字数制限がないぶん、より掘り下げた、おおくの情報を伝えられることができるよ。

簡潔に伝えるTwitterと、細かく伝えられるブログという特徴があるんだね。

2.ブログ vs YouTube

2.1.文字のブログ、感性のyoutube

そのTwitterの1年前、2005年にできたのがyoutube。

youtuberが話題になったのは数年前だね。

ぼくも水溜りボンドやおるたなチャンネル、東海オンエアといったユーチューバーのチャンネルを登録しているよ。

youtubeとブログ(というよりユーチューバーとブロガー)には、広告収入・協賛による企業提携 で収入を得るという共通点があるよ。

ユーチューバーとブロガーは、お金儲けのシステムがほぼ一緒だからか、『炎上商法』など、似た目的をもつ人が見られるよ。

大きな相違点は、文字で伝えるか、映像で伝えるかだね。

ただ文字で書くよりも、映像の方がずっと印象に残るね。

文字で書こうとすると回りくどい表現でも、映像になるといとも簡単にあらわすことができる。

逆に、youtubeは映像だからこそ、ブログより時間に縛らやすいと思うよ。

10分の動画でなにかをして、結果がわかるのは最後1分くらいだね。

とはいえ、そういう動画の結果を見てから過程を楽しむ人は少ないと思うよ。

むしろ、人気youtuberは過程を楽しませてくれるね。

かえってブログはというと、ぼくは違うけれど、結果・結論から言う 人も少なくない。(ユーチューバーにももちろんいるけど)

それに、本と同じように、読み飛ばしが楽にできる。

とにかく、動画ほど時間や順序の影響を受けないのがブログなんじゃないかな。

Youtube高評価率から考えた、他人から本当に嫌われること

3.ブログvsインスタグラム

3.1.インスタはオピニオンには不向きか

そして最後にInstagram。ぼくは小倉唯さんの更新を観賞するためだけに利用しているよ。

共通点は、僕には思いつかないよ。僕にとっては、ブログとは何から何まで全部違うように思えるな。

何でかというと、Instagramはオピニオン発信には向いていないからなんだ。

一度の更新で画像を何十枚のせるわけにもいかないし、映像を載せるにしても、5分10分の長さを載せる人は少ない。

インスタグラムは、数枚の写真や数秒の映像からいかに魅せるかが重要なんじゃないかな。

そう考えると、日本で『インスタ映え』が流行ったのもうなずけるね。日本人は古来から、俳句や短歌など、少ない情報から読者の心を打たせようとする民族だ。

結論をいえば、

みんなちがって、みんないい

って感じかな。

今回はここまでだよ。

ブログがオワコン化しないことを切に願うよ(^●ω●^)


東海オンエア直筆サイン


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部卒。クイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください