公開日:2017年11月22日

高IQ集団メンサのことを、内側から考えてみた-マツコ会議から。


11月18日のマツコ会議で、MENSAが取り上げられていたそうだね。

僕はその放送を見ていないから、一部誤解があるかもしれない。

でも、公式サイト を見たり、Twitterのつぶやきを見たりして、複雑に思ったことがあるよ。

前回も知能指数について記事にしたことはあるけれど、今回、もう一度、IQについて考えてみるよ。

IQが高いとはどういうことか、元 MENSA会員が考えてみた

1.マツコ会議で披露された能力は、あくまで派生物。

「でも、カワウソは番組見てないんでしょ?」

うん。だから、日テレの公式サイト から考えうることだけ、考えてみるよ。

公式サイトには、このようなことがかいてあるよ。

スタジオの番組スタッフが誰も解けないクイズを、ほぼ全員が3秒で解いてしまうという程、頭のいい彼ら。円周率を200ケタ記憶する男性、文字に色が見える女性など、驚きの能力を持った人々が続々登場!

「へえ、MENSAってすごい人がいるんだね…」

確かに、MENSA会員の中には、記憶力が良かったり、他人がもたない能力を持っている人も多かったよ。

ぼく自身もそういうのはあるっちゃあるけれど、あんまり表に出したくないから言わないでおくよ。

「じゃあ、IQが高いとそういう能力も高いんだ。」

んー、そういうと語弊があるんだよな…

「どういうこと?」

例えば、IQの高い人は記憶力が抜群にいいこともあるよ。

でも、『IQが高いから、円周率を覚えてる』は、省略なんだ。

IQが高い人は知的好奇心が強かったり、数字に強かったりする人が多い→知的好奇心が強かったり数字に強ければ、数字の記憶は得意→よって、円周率200桁覚える

ということなんだ。

高IQのクセなんだけど、論を省略して話しちゃうんだ。

同じように、文字に色がついて見えるのも、

IQが異常値だと、脳の構造になにか異常がある→共感覚がおこるのも頷ける

ということだと思うよ。

もちろん、そういうと能力を自慢するのはいいんだけど、それは一言でいえば、IQの派生物でしかないんだ。

高IQ集団の特集なのに、IQと直接的に関係ないことを報道するのは、どうだろうなと思うよ。

でなきゃ、『俺は円周率200桁覚えてるからメンサ入れる』のように、論理を逆に考えてしまう人が出てくるんじゃないかな。

IQ165の天才、鶴崎修功の凄さを実感してみた東大王

 

2.IQは万能薬ではない

で、もう1つ、IQが高いこと=頭がいいという幻想を、この番組は助長したんじゃないかな。

公式サイトでは、

しかし、人生でどんな得をして来たのかマツコが尋ねると「恋人の浮気を見破ってしまった」

「会話の展開が途中で読めてしまうので、相手が話し終わるより先にリアクションが出てしまい上司に怒られる」など、頭が良すぎるがゆえの悩みを抱えていることが判明。

『頭が良すぎる』と書いてあるんだ。

「え、IQが高いってことは。頭いいんじゃないの?」

『頭がいい』の定義にもよるけれどね。

確かに、MENSA会員は論理展開ははやい。パターンに気づくのもはやい。

ただ、知識の量が必ずしも多いというわけではない。

たとえば、ぼくが考える『頭がいい』は、知識の量と、論理思考力の2つをもちあわせていること。

池上彰さんなんかはその典型例だね。

なぜ東大出身コメンテーターは池上彰を超えられないのか

IQが高いと、後者は持っているけれど、前者の知識量は、本人次第。

もちろん、『頭がいい』の定義はいろいろあると思うけれど、だからこそ、メディアはこの言葉を安易に使ってほしくないよ。

 

3.IQが高いことの短所

さて、IQの高いことには、実は短所もある。

「え!?」

とはいっても副次的なものだけどね。

ぼくは、人間の脳は総合すれば大差はないと思っている。

病気や欠損を別とすれば、使っている脳細胞の数はほぼ変わらないからね。すくなくとも3倍違うということはないと思うよ。

じゃあ、何がIQの高低を左右するか。

使われる部位の大きさだと思うよ。

「使われる部位?」

たとえば、アインシュタインの脳を解剖したところ、海馬という、思考を司る部位が平均より大きかったそうだよ。

でも、同時に、別の部位は小さかったそう。

頭蓋骨の大きさは人によって大差ないからそりゃそうだよね。

同じように、IQが上位2%の人は、IQに関連する部位がおおきいんじゃないかな。

となれば、他の部位は小さくならざるを得ず、不具合が生じる。

ぼくの脳でいえば、空間を把握する部位と、運動を司る部位とが平均よりちいさいんじゃないかな。

でなけりゃ、徒歩5分のところに30分もかからないからね。

「もう、それは無いといっていいのでは」

ほかにも、IQに限らず、常軌を逸した才能をもつ人は、他のなにかが足りなくなるんじゃないかな。

「ジミー大西とかその典型だよね。」

まとめると

IQが高いからって万能というわけではないし、MENSA会員の自慢は大抵IQとは直接関係ない。何かが普通でない人は、同時に別の何かが絶望的にできないのではないか。

今回はここまでだよ。

自分の脳とちゃんと向き合って、過大評価も過小評価もしない人間になりたいな(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

ネットのIQテストについて元MENSA会員が考える

元MENSA会員の僕が、『IQの高い人』について客観的に考える

IQが高くても、メンサ会員になっても、メリットは少ない


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

6 Comments to “高IQ集団メンサのことを、内側から考えてみた-マツコ会議から。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください