公開日:2017年11月17日

『お客様は神様です』は本当に正しいのか考えてみた


日本では、お客様至上主義が繁栄しているね。

「コンビニなんか、なんでもやってくれるしね。」

そうだね。それは外国人が訪日して驚く点でもあるよ。

でも、それがうまく機能しないところもあるみたいだね。

労働組合のUAベンゼンによると、積極業に携わる人の73.9%が、悪質なクレームをうけたことがあるそうだよ。

「接客対応者を悪質クレームから守って」流通労組が厚労省に要請 「ネットで誹謗中傷された」という従業員も

今日は、この『お客様は神様』について考えていこう

1.『お客様は神様です』の由来

まず、『お客様は神様です』って言葉がいつできたか探ろう。

実はこれ、歌手の三波春夫さんが言ったとされる言葉なんだ。

三波さんは、いくつかのインタビューに対して次のように答えていたよ

歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです-三波春夫オフィシャルサイト

「観客を神様のように意識して歌っていたんだね。」

神様だと意識すれば、どうしたら客を喜ばせられるか必死で考えるよね。

つまりは、『お客様は神様』というのは、もともと歌手や演芸をする人の心がけであって、お店の対応とは無関係なんだね。

2.金さえ払えば神様なのか

さらに、三波春夫オフィシャルサイトには、三波美夕紀さんがこう書いているよ。

三波春夫にとっての「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズなのです。

三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。

しかし、このフレーズが真意と離れて使われる時には、例えば買い物客が「お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?」と、いう風になるようです。そして、店員さんは「お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?」という具合。俗に言う“クレーマー”には恰好の言いわけ、言い分になってしまっているようです。

『お客様は神様です』を言い出した三波春夫さんの関係者が、このような注意歓喜をしているよ。

そもそも、『神様だったらなんでもいていい』ということ自体が変だよね。

神様にもいろいろいるけれど、日本の神様は、例えば豊作を実現したり、学業を成就させたりと、願いを叶えるのが役割だね。

もしくは、キリスト教やイスラム教、仏教においての神様・仏様は、みんなが進むべき道を説いているよね。

少なくとも、『死ね』とか『土下座しろ』とかいう神様は、僕のしるところにはいない。

説教をするにしても、自分に都合のいい積極じゃなくて、信者全員のためになることを言うよね。

てことは、お金を払うから客が神様というわけではないね。

むしろ、神様がお布施をいただく側だということを考えると、店員さん側が神様な気もするよ。

3.人間としての対応をしよう。

「私たちはどうすればいいの?」

そうだね。まず、僕たちは神様じゃないことを念頭に置いておこう。

そして、店員さんも神様じゃない。

ということは、普通に人間としての対応をすればいいんじゃないかな。

自分も相手も人間。収入等に差があっても、まともな人なら露骨な差別はしないよね。

相手が人間なんだから、人間として扱う、たったそれだけで、この問題は解消に向かうと思うよ。

まとめると、

お客様は神様ですという言葉は、本来は歌手の意識づけの言葉である。客側が使うべき言葉ではなく、相手を人間として扱おう。

今回はここまでだよ。

小倉様は神様だよ(^●ω●^)


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

One Comment to “『お客様は神様です』は本当に正しいのか考えてみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください