公開日:2017年11月1日

水溜りボンドの魅力について考えてみた-水溜りボンドはなぜ高評価率が高いのか


youtube界で意外と少ないのが、二人組コンビ。

有名youtuberはほとんどがピン、または3人以上なんだ。

事実、日本のチャンネル登録者数トップ40のうち、

18人がピン

5組がコンビ

5組が3人以上のグループだよ。

(サブチャンネル、企業のチャンネル、ミュージシャンのチャンネルを除く)

しかも、二人組コンビのうち、キッズyoutuber、ゲーム実況、日本を紹介する外国人youtuberが1組ずつ。

『○○やってみた』系のyoutuberで40位以内だったのは、水溜りボンドとおるたなchannelの2組だけだったよ。

そのうち、2017年11/1現在、より登録者数の多い水溜りボンドの魅力について、考えていくよ。

水溜りボンドの動画はこちら

1.ゆるやかなカテゴリー化

まず、主として扱う分野が複数個決まっている、というところだよ。

「どういうこと?」

これは彼らのロゴにもあらわれているけれど、

検証、実験、心霊、料理

この 4つを扱った動画が多いよ。

僕の良く見るyoutuberは、扱うセクションが1つか2つくらいの人たちが多いよ。

ゲーム実況者はその一例だね。

「ゲームか、ときどき実写か、の2つってことだね。」

そう。

ゲームならゲーム、釣りなら釣りという風に、少数に絞った方が、それが何を扱うチャンネルかわかりやすいね。

これだけ広範囲を扱うyoutuberはあまりいないと思う。

でも、だからこそ、登録者は、自分が普段見ないジャンルの動画を見ることができる。

ぼくの場合、心霊動画がそうだよ。

ぼくは心霊動画を普段見ないけれど、水溜りボンドが投稿したやつは、毎回見るね。

そういう、普段自分たちが触れない、触れようとしない分野にアクセスできること、それが水溜りボンドの魅力の1つだと思うな。

2.youtube界のNHK

水溜りボンドは、東海オンエアとコラボしたときに、ある言葉を残したよ。

僕たちは、youtube界のNHKなんで。

https://youtu.be/r1yp6W60pw4

東海オンエアは、民放、それも時に少し過激なことをやる民放のようなチャンネルだね。

きっちりした論理というよりかは、感覚で動画のネタを作るタイプだね。

あの独特の感性は、テキトーに5,6人集めたところで作り出せるものじゃない。

そんな東海オンエアと真逆なのが水溜りボンドじゃないかな。

NHKがあまり過激なことをやらないように、2人も過激なことをやることは少ない。

過激なyoutuberが多い中、彼らのような存在は、バランスをとるのに役立っているんじゃないかな。

3.掛け合いのよさは随一

でも、なんといっても、二人の愛だよね。

「…カワウソ、ホモなの?」

いや、僕は異性愛者だよ。

でも、二人の掛け合いの良さから、コンビ愛を感じられるよ。

コンビ愛だけに加えて、ボケとツッコミが完全に分かれていないのも特徴だと思うよ。

多くのお笑いコンビは、どちらがボケでどちらがツッコミか分かれているよね。

おるたなチャンネルは、どちらかというと、ないとーがボケで渋谷ジャパンがツッコミという感じだよ。

水溜りボンドは、あまりそんな区別がないと思うな。

強いて言えば、一見まともそうなカンタがサイコパス疑惑担当で、チャラそうなトミーがツッコミ側かな。

こういう、ボケツッコミの区別があいまいなところは、ゆいかおりと共通していると思うよ。

2017年6月まで放送されていたラジオ番組『ゆいかおりの実』では、基本的にはキャリさん(石原夏織)がボケでポンコツキャラだけど、ゆいちゃん(小倉唯)が天然になることも度々あったよ。


VOICE Channel (コスミックムック)

日常生活で、ボケ・ツッコミという区別を意識することは少ないし、多くの人はボケにもツッコミにもなり得ると思うけれど、水溜りボンドは、そういう点で、日常的なコンビなんじゃないかな。

まとめると、

・水溜りボンドは広範囲を扱い、かつ周りとのバランスをとるのに長けたyoutuberで、日常生活感を醸し出すコンビである。

かな。

今回はここまでだよ。

2人の、ますますの精進をねがっているよ(^●ω●^)


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください