元メンサ会員のカワウソのブログ。脳科学・IQ・ブログなどについて書いていきます

カワウソは考える。

Twitterで話題

アイドルや声優の結婚は、早くてもいいんじゃないか-豊崎愛生さんの結婚をうけて

更新日:


はいどうも、カワウソだよ。

今日も頑張っていこう。

声優の豊崎愛生さんが2017年10月26日、自身のラジオ番組で結婚を発表したよ。

『結婚のご報告』

豊崎さんは、『けいおん!』の平沢唯役で有名となった声優さんで、翌日28日に31歳の誕生日を迎えたよ。

女性声優さんの結婚といえば、同じく『けいおん!』の秋山澪役で知られる声優・日笠陽子さんも一昨年入籍したね。

ごあいさつ

2人とも、30歳になってから入籍しているね。

厚生労働省の統計 によると、女性の平均初婚年齢は29.0歳だから、ほぼ同じだね。

同じくけいおん!・の中野梓役、竹達彩奈さんも、30まで結婚はしないよう事務所に言われているそうだよ。

アイドルの不文律として、30までは結婚しないといのが一般的になっている。

最近だと二十歳で結婚し、総選挙で入籍を発表したアイドルもいたけれど、あくまで一般論としては、30歳以降、あるいは全盛期を終えてからの結婚というのが多い印象だ。

これは女性声優についても同じだ。今や声優、とりわけ女性声優はアイドル的なところがあり、だからアイドルと同じように、20代の若いうちは結婚を避ける風潮にある。

特に絶頂期には結婚しない方がいいというのが、女性声優の不文律となっているんだね。

しかし、僕はこれに反対だ。

今回は、声優の結婚について、考えていこう。

アイドルや声優の結婚のショックは実は小さい

声優の結婚は印象がいい

声優が若いうちに結婚しない理由の一つに、ファンがショックを受けるというのがある。

有名アイドル・有名声優なら、間違いなく騒ぎになる。

いわゆる有名税というものもあり、ファンからツイッターでいろいろ言われるおそれも十分ある。ひどいときには殺人予告にまで発展することもある。

確かに、芸能人が結婚すると、一時的に多くのファンがショックを受けるのは間違いないだろう。

特に女性芸能人は、その純潔性を売りにしているところもあり、だから結婚に対して否定的な反応をする人もいる。声優もその例に漏れない。

しかし、それ以上に騒ぎになることがあるね。

それが熱愛報道だよ。

今回の声優・豊崎愛生さんの結婚でも、一部ファンからは、過去の熱愛報道を掘り起こす声がでてきたよ。

いまだにアイドルの純潔性が求められている中、熱愛報道はどちらかというとファンにとってネガティブな感情を抱かせる。

しかし、これが結婚となるとどうだろう。どちらかというと、ポジティブな印象を持たれやすいと思うよ。

というのも、声優にかかわらず、結婚報告は自ら発表することが多く、熱愛報道は週刊誌などにすっぱ抜かれて暴露することが多い。

隠していたことが暴露される方が話題性は大きい。よって、どうせ熱愛しているのであれば、隠していてバレるよりは、結婚ないしお付き合いを発表した方がいいように思うよ。

それに、結婚すれば(不倫さえしなければ)その後悪質な話題に上ることはなくなるだろうし、結果的に見ればファンのショックも減るんじゃないかな。

声優の結婚は『自称ファン』を排除できる

とはいっても、グッズを破壊するようなファンもでてくるだろう。

涼宮ハルヒの声で知られる声優・平野綾さんがとあるテレビ番組で過去の恋愛経験を語った時は、彼女のTwitterアカウントに、ハルヒグッズを破壊した画像を送るファンが多数現れた。

そのような、ファンによる、アニメグッズの破壊をみるのは、声優本人にとってもショックは大きいと思う。

しかし、逆に考えよう。

そういう人たちは、いくらイベントに参加していくら貢いで、どれだけ声優本人に貢献していたとしても、本当の意味で、その声優のファンとは言えないんじゃないかな。

僕は、ファンは推しの声優の幸せを最大限願うものだと考えているよ。

それで、その声優さんが自らの意思で結婚を選んだのなら、やはり祝福するのがファンの品格じゃないかな。

それが出来ずに、本人のツイッターアカウントに暴言吐いたり、本人が声を演じるキャラクターのグッズを破壊したりするのは、『これだけ推していれば自分と結婚できる』という、極めて自己中心的な見返りを求める悪質な『自称ファン』ということになる。

そういう『自称ファン』が減って、結婚を受け入れた『本物のファン』が多数派になれば、アイドルや声優さん自身も、快適に仕事ができるんじゃないかな。

これは僕自身も意識したいファンの道だ。

ぼくは声優の小倉唯さんを応援している。

しかし、もし彼女が結婚したら、初めは落ち込むと思うというのが正直なところだ。

でも、それはわかってたことだからって、ゆっくりとだけど受け入れる自信はあるよ。

僕たちが推しと結婚できるのは、ラクダが針の穴を通るよりも難しい

そもそもの話をしよう。ぼくたちは推しと結婚できない。

すなわち、声優が独身を貫いたとしても、ではそのファンが彼または彼女と結婚できるかというと決してそうではない。

少なくとも、容姿や性格に気を遣っていない、お金も持っていないようなファンであれば、ほとんど不可能といっていいだろう。

まず、基本的に、アイドル的な仕事をする人は容姿が端麗だ。人気アイドルなら、お金もある。

となれば、アイドルと結婚するためには、それ相応の対価が必要となる。すなわち、それなりにお金を持っていたり、容姿端麗だったり、とてつもなく頭がよかったり、そういうものが求められる。

ぼくは、小倉唯さんのことを女神だと本気で思っているよ。

だから、自分が彼女と釣り合うためには、アメリカと中国を買えるくらいのお金があって、かつ、母親の胎内にいる頃からファンクラブができるほどの人気でないと厳しいと考えている。

もちろん、現実には、その片方さえできない人の方が多い。

だからこそ、もし自分の推す声優が結婚したとすれば、『相手男性に、ぼくは理解できないけれど、それに相当する魅力があった』と解釈し、祝福する

屁理屈に聞こえるかもしれないけれど、それほどの解釈をするほうが、声優本人に直接暴言を吐くよりよっぽどましだと思うよ。

本来結婚というものは、人生において幸せではあっても、不幸なイベントであってはいけない。

それは、一般人であれ、芸能人であれ、変わりないことだ。

もし推しの幸せを本気で願うファンであれば、結婚に際して暴言をいって不幸にさせることは控えよう。

今回はここまでだよ。

小倉唯さんのますますのご活躍を、心から願っているよ(^●ω●^)

(後記)

2019年6月23日、声優で豊崎愛生さんと同じくHTTのメンバーである竹達彩奈さんが、男性声優の梶裕貴さんと入籍したことを発表しました。

ファンのツイートをいくつか見る限り、かつての恋愛報道や結婚報道と比較して、竹達彩奈の入籍に対して批判よりも祝福の声の割合の方が多くなってきているように感じます。

結婚は本来祝福することであり、声優ファンの多くの皆さんが、結婚報道に対してより良い方向に転換していったようにおもいます。

今後もまた多くの有名声優さんが結婚されるかと思いますが、どうぞファンの方は寛大なこころを持ち、入籍された声優さんのますますのご活躍を願うようにしていただけると、関係者全員が幸せになるのではないかと思っています。

*当記事は、声優・アイドルの方を強制的に若年結婚させる意図はありません。結局は結婚は本人の意思であり、結婚を望まない方、晩婚の方を侮辱するものではないことをここに記しておきます。


-Twitterで話題
-, ,

Copyright© カワウソは考える。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.