公開日:2017年10月24日

漫画家・小池一夫さんのツイートに反論してみる-人間は言葉で思考するのだろうか


2019年4月17日、今記事にて取り上げた小池一夫先生が肺炎のため亡くなりました。

ご冥福をお祈りいたします。

はいどうも、カワウソだよ。

漫画家で、Twitterを積極的に活用していたことで知られる小池一夫さんが以下のようなつぶやきをしたよ。

言葉狩りではないけれど、やたら無闇とそういうことばを使うのはひかえたいね。

特にツイッターでは言葉遣いの荒いアカウントが多いようで、小池先生はそれを憂慮したのだと思われる。

やはり言葉遣いがその人となりを作っているところは否定できないと思う。乱暴な言葉遣いを常日頃からしているひとは、自らの言葉に毒されている感があるよ。

しかし、ぼくは小池一夫さんの『人間は言葉で思考する』という部分には違和感を抱いている。

今回は、その辺りを詳しく考えて行くよ。

思考=言葉じゃない

まず1つ。言葉は思考・論理と考える人はいるけれど、それは違うと思うよ。

正しく言えば、『そうでない人もいる』かな。

言葉で思考する人もいるし、言葉を介して思考しない人もいる。

例えば、作家の森博嗣さんは、『言葉で考えると、ごまかしているように感じる』と、文系の壁 (PHP新書)で話してているよ。

理系の人によく当てはまるけど、『日本語』で考えるんじゃなくて、『数学』で考えるんだね。

森さんは、幼少期失読症で、文章を上手く読めなかった。それも関係しているかもしれないし、理系業界で生活していたことも影響しているかもしれないね。

どこに書かれていたかは忘れたけれど、ダーリンは外国人のトニー・ラズロ氏も『概念で考える』と書いていたよ。

それは、特殊な人だけが持っているものではないはずだ。

少なくともぼくは、言語化する前に結論を出すことができるよ。

大学の課題を考える時はもちろん数式で考えていたし、

日常生活だと、例えば図形を書き込んだり、映像や画像で思考することもあるよ。

少なくともぼくの場合は、思考が先にできて、その頭で言語化される感じだね。

映像や、ビジュアル化されてなくても、なんとなくふわふわしたものが思考のタネになっている人は多いんじゃないかな。

言葉は伝達手段だ

なぜ小池百合子はカタカナ語を使うのか

では、言葉は思考と関係ないかというと、そういうわけでは決してない。

なにか思考したことを伝えたい、そうなった時、伝達の手段は限られるよね。

ある人は絵にしたり、曲にしたりするけれど、そういうことができるのはごく一部の人だ。

じゃあ、多くの人ができる伝達手段は?

電話やLINE、いりおろあるけれど、その多くは言葉による伝達をする

書くか言うか、日本語人なら日本語で伝えるし、英語人なら英語で伝えるね。

つまり、言葉は『思考の伝達手段』なんだ。

さらに、言葉を使うことでニュアンスを伝えることができるよ。

例えば、政治家は言葉の力を巧みに使うよ。

自民党を、ぶっ壊す』とか『Yes,we can 』なんかはそうだと思うよ。

内容を変えなくても、むしろ情報を少なくしても、響きや聴き心地を変えることができる、それも言葉の力だね。

小池百合子都知事や、意識高い系就活生がやたらカタカナ語を使うのもそれかもね。

『賢い出費』と聞いてもイマイチ響かないけど、『ワイズスペンディング』だと、一見目新しいし、マスコミも報道してくれる。

意識高い系の人はそこまで考えて使ってるわけではないだろうけどね。

言葉は思考を『限定』する

では、メンヘラとかオワコンとかの言葉は何が問題なのだろうか。

多分、小池一夫さんが言いたかったのは、そういった言葉が、思考を止めてしまう、思考を『限定』してしまうということじゃないかな。

人間は色々なコトを考える必要があるから、ある程度省力化しなきゃいけない。

例えば、つねられる痛みと、打撲の痛みは全く別物だけど、同じ『痛み』ってグループでまとめられる。

逆に、『痛い』と言えば、具体的なことはわからなくても、不快で傷ついているということはわかるね。

で、言葉にはそういうように思考の省力化の役割を果たすけれど、言い換えれば、そういうレッテル貼りはその先のことを考えなくなる恐れがある

『メンヘラ』ということばを誰かに使うと、もうその人のことをそれ以上見なくなる。

その人は、なんかよくわかんないけど『メンヘラ』ってグループに入れられて、で、その表面しか見てくれない。

問題視されるべきところは、そういう点じゃないかな。

まとめると、

言動は思考の基となるものではなく、むしろ思考を限定・ストップさせるものである。

よって、むやみに汚い言葉で物事をくくると、物事をそれ以上見なくなり、偏見を解決できなくなる

という感じかな。

今日はここでおしまいだよ。

また、明日も見てくれると嬉しいよ(^●ω●^)

コチラもオススメ!


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部卒。クイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください