公開日:2017年10月4日

リベラルとは何か保守とどう違うのか-山口真由・リベラルという病 書評


日本の野党第1党民進党が分裂し、リベラル派が立憲民主党へと姿を変えるようだね。そんな中、書店で一冊の本を見つけたよ。


リベラルという病 (新潮新書)

 

「山口真由…聞いたことがあるかも」

彼女は、東大法学部を首席で卒業し、財務省→ハーバードロースクールを修了したよ。

日米両国の弁護士資格を持っている、絵に描いたようなエリートだね。

「まるで頭脳王じゃん」

実は、頭脳王の第1回に出場し、クイズ研究会出身でもないのに最初の早押し問題でトップに立ったよ。

さて、そんな山口さん、アメリカへ留学している間に、リベラルの限界を感じたそうだよ。

「リベラルって、高学歴の人が持ってる思想ってイメージ。」

アメリカではそうだね。2016年の大統領選挙で民主党が優勢だったのは、アイビーリーグなど名門大学が多い独立13州と、Appleやグーグルのある西海岸だったね。

そんな、エリートが支持するリベラル思想に対して、山口さんの視点から分析しているよ。

その観点を参考に、僕の思ったことを書いていくよ。

PCがかえって差別を生む

本書には、このような例がのってあるよ。

ハーバード・ロースクールの交渉術のクラスで、中国人の男子学生がアメリカ人の女子学生と交渉の練習をしていた。

(中略)

男子学生はこう繰り返したのだ。

「だって相手チームは女性で、女性を守ってあげずに攻撃するというのは、やっぱり申し訳なかったと思う」

(略)

それ以降、その男子学生は、交渉術のクラスでさの中で「性差別主義者」というレッテルを貼られてしまった。

 

山口さんは、男子学生の言動は「レディーファースト」として理解できるものと書いているよ。

僕も同意見だよ。

確かに『女性は守られるべき存在』というレッテルがあるのは、あまりポリティカルコレクトネス的観点からすると褒められたものじゃないかもしれないね。吉田沙保里さんのような強い女性もいるし、逆に弱々しい男性もいる。

でも同時に、それで不快に思ったのなら、指摘して直せばいいだけの話。本当に「性差別主義者」のレッテルが貼られたのなら、それこそ差別になりかねないよ。

差別ををなくそうとする側が、差別をした者(というか、レディーファーストの精神が性差別と解釈された)を「差別主義者」として差別している、そんなおかしな事態になっているんだね。

正しいと信じていて、考え直さない

 

リベラルに限らず、自分が支持するのが完全に正しいと思ってる人が変な方向に進む事例は少なくないよ。

今日の朝、Twitterで、それに関連してちょっとした騒ぎをおこしたよ。

東京大学の地震学の名誉教授 がある番組の地震について誤った報道をし、苦言を呈したのに対して

このような返信

をしたよ。

 

確かに、東大名誉教授だからといって、その言説を鵜呑みにするのはまずいね。

でも、少なくとも、多くの人よりは地震の研究をしている。

『地震のことを勉強し直せ』という発言は、自分の持つ知識を過信して、耳を傾けていないことの表れだよ。

本書には、コンサバとリベラルとの違いについて、こんなことがかいてあるよ。

リベラルの根底にあるのは、人間の理性に対する信頼、逆に、コンサバのほうは徹底的な不信だ。

 

こう見ると、リベラルが性善説かのように思っちゃうけど、事実は逆で、

全ての人間は、理性さえあれば民主主義となり、性差別がなくなり、我々と同じような思想至るはずだ、

逆に言えば、我々と違う思想の人は理性がわくないと拒絶してるんだ。

「ホリエモンみみたいなまタイプ?」

 

そうだね。僕は堀江貴文や、西村博之、ブロガーのイケダハヤトなんかがそのタイプだとおもっているよ。

世の中の全てには唯一解があって、しかも自分はその解を知っている、人と話をするときは即ち論破するときだ、そういうタイプだね。

対して、コンサバはどうかというと、

人の話を聞いて議論するタイプ。異なる意見に寛容なことが多いのも共和党だと書いてあるよ。

「確かに、ブッシュと小泉さんとかなかよかったね。」

自民党党首と共和党党首とは仲良いことがたびたびあるよ。安倍首相とトランプ大統領も仲良しだと言われているね。

まとめると、

自分が一番と思っていてもそうでなくても、意見を受け入れること。受け入れないと、差別を引き起こしかねない

ということかな。

今回はこれでおしまいだよ。

思想にかかわらず、意見が尊重される人になりたいな(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

BTS(防弾少年団)はなぜTIME誌に載ったのか解説してみる

痴漢は女の敵というより男女共通の敵だという認識を広めていきたい話


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

One Comment to “リベラルとは何か保守とどう違うのか-山口真由・リベラルという病 書評”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください