けものフレンズ騒動から、KADOKAWAの対応を考えてみた


はい、どうも。ヤマダカワウソだよ。

今回も頑張っていこう。

2017年9月27日の深夜0時30分ごろ、けものフレンズ製作委員から公式発表がされたよ。

本文はこうだったよ。

「けものフレンズ」に関しまして、すでに新規映像化プロジェクトの制作を発表させていただいておりますが、発表当初より同体制での継続か、新体制での新たな表現かも合わせて検討中で、現時点においてもまだ何も決定していない状況です。
そのような中、今年1月~3月に放送されたTVアニメーションと同様の体制を優先として、視聴者のご期待に沿えるべく調整をしておりましたが、アニメーション制作会社であるヤオヨロズ株式会社より8月に入った段階で辞退したい旨の話を受け、制作体制を一から模索することになっているのが現状です。
「けものフレンズ」は動物ファーストの理念のもと、関わってくださったすべての方々の手によってゲーム、コミック、アニメ、舞台と展開して参りました。広く門戸を開放し、理念に賛同していただける方々のお力添えをいただき、世界を広げていきたい。そのために誰のものでもないプロジェクトとして、動物のための「けものフレンズ」として活動を重ねて参りました。
しかし、アニメーション制作を担当していただきましたヤオヨロズ株式会社には、関係各所への情報共有や連絡がないままでの作品利用がありました。映像化プロジェクトとしては次回の制作を引き続きお願いしたかったため、情報は事前に共有してほしい旨の正常化を図る申し入れをさせていただきましたが、ヤオヨロズ株式会社からは、その条件は受け入れられないので辞退したい、とのお返事でございました。
「けものフレンズ」の映像化プロジェクトに関しては、上記のような経緯で一部滞っておりますが、「けものフレンズプロジェクト」は今後も御協力をいただく皆様と共に作品を守り、ファンを守り、動物たちのことをもっと知ってもらう活動をこれからも初志貫徹、続けていく所存です。映像化に関しましても、改めて、そしてできるだけ早くご報告できるよう進めて参ります。
今後とも様々な「けものフレンズプロジェクト」をよろしくお願いします。
参照:https://kemono-friends.jp/archives/category/news/

 

 

これは、たつき監督のツイートと矛盾している。

損得を考えると、ヤオヨロズ・たつき監督側が正しいと判断されるね。

 

もし裁判を起こして有利になるのがKADOKAWAだからね。たつき監督が嘘をついたところでメリットが存在しない。

でも、たつき監督だけでなく、KADOKAWAの言い分も組まなければ真相は闇の中だね。

今のところヤオヨロズ側から公式発表はされていないようだから、KADOKAWAの発表がどういう内容だったか、まとめていくよ。

 

アニサマとのコラボがまずかった?それとも12.1話?

 

文書にもあるとおり、KADOKAWAはヤオヨロズと十分な情報共有ができていななったそうだよ。

しかし、創作そのものは自由にできる。

問題だったのは、それをKADOKAWAに報告しなかった、ということだろうね。

 

KADOKAWA側としたら、報告くらいはしてよって感じだね。

 

監督が直接作ったものだから、話くらいはしておいて、というのがKADOKAWAの意見のようだね。

しかし、二次創作は許可いらないということも公式に書かれており、そこをめぐってトラブルが起こった。

公式サイトにはこう書かれているよ。

 

「けものフレンズプロジェクト」は、“けもフレ”を愛してくださる皆様の二次創作(自作物のみ)活動を歓迎しています。
趣味の範疇における、個人または同人サークル等で、以下のガイドラインに沿って活動いただく際には、利用についてのご連絡は不要です。
※ガイドラインの内容は、予告なく変更させていただく場合があります。本ガイドラインの改正によって生じるいかなる損害についても、一切の責任を負えませんことを予めご了承ください。
1.二次創作(自作物のみ)の許可範囲
(1)イラスト、同人誌、マンガ、小説などの作成、各種運用
(2)コスプレ衣装の作成、およびコスプレによる各種活動、その各種運用
2.禁止事項
(1)有償無償に関わらず、事業性の高い営利目的での利用
※同人誌頒布等の活動につきましては、過度な営利性がないと判断できる場合は、該当しないとします。
(2)「けものフレンズプロジェクト」に帰属する素材(イラスト、動画、音声、楽曲等)を直接二次利用すること(著作権侵害)
※個人のツイッターやブログのアイコン、ヘッダーなどに関してはオリジナルのイラストを使用していただいて構いません。
(3)過剰に「けものフレンズ」のイメージを損なう、過剰に公序良俗に反する、社会的な許容限度を超える、と判断されるもの
※大人向けの内容を含む表現のある場合は、対象以外の目に届かないような配慮をお願いいたします。
(4)他社(第三者)に版権が帰属するコラボレーション作品などの利用全般
(5)その他、想定外に副次的に発生する、不適切と判断されるもの

 

ここの「二次創作」の解釈が、KADOKAWA側とヤオヨロズ側で違ったようだね。

つまり、ヤオヨロズ側からすると、二次創作と同じように、KADOKAWAが直接関与しないCMについては、許可を得る必要はないと主張しているようだ。

一方でKADOKAWAは、日清とのコラボCMのようなものいたいしても、自分たちに知らせてほしかったというのが主張のようだね。

 

ほう・れん・そうは大事。

気持ちとしては、たつき監督を擁護したいけれど、ヤオヨロズ側にも一定の責任はあるんじゃないかな。

二次創作の解釈の違いが原因なら、たとえそう書いてあっても、一度確認しとくべきだったね。

 

たつき監督がKADOKAWA側から解雇報告を受けたのも、情報共有の不足が招いたものじゃないなと思うよ。

動物ファーストといっても、製作に携わる人たちは、情報交換という、人間がもつ能力を活かすべきだったね。

いずれにしても、ヤオヨロズが公式に発表するまでは、断定できないね。

 

今回はここまででおわりだよ。

たのしーいけものフレンズが復活したらいいな(^●ω●^)

 

追記

現在けものフレンズでは、新監督のもと、あらたな物語を捜索中だよ。

監督は変われど、アニメ自体に罪はないよ。

ぜひとお、期待したいところだね。


Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

One Comment to “けものフレンズ騒動から、KADOKAWAの対応を考えてみた”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください