公開日:2017年9月2日

言葉遣いを気にしないのは「理系脳」?-成毛眞『理系脳で考える』を読む 


理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)

を読んだよ。

最初は、文面から、差別的なのかなと思ったけれど、中味のほとんどはまともだったよ。

 

 

1.そもそも理系脳とは

理系脳の条件として、著者はいくつか挙げているよ。

 

① 新しいものに興味がある・変化がすき

新しい技術はまず試す。

VRも新型のiPhoneも全部試す。

未だにワンセグをもっている人は文系脳と判断されるよ。

 

② 刹那主義で未来志向

キャリア志向よりも、空いた時間を刹那的に使うよ。

そうすれば、予想外の刺激を得ることができるよ。

 

③ コミットの範囲が明確

自分の力でどうすることもできないことに無関心だよ。

話し合いや署名活動をする前に、いきなりデモを行うのも文系脳と言えると思うよ。

 

コミュニケーションが合理的

話題と、そしてその話し方に軸があるよ。

そうでない、例えばメルマガなんかで時候の挨拶を毎回何行も書くのも、情緒はあるだろうけれど、文系脳だよ。

 

この4つが理系脳の条件だよ。

てことは、出身学部はあまり関係なさそうだね。

 

 

2.理系脳は幸せだ

そして、理系脳の優位さが説かれているよ。

 

理系脳を磨くと、

例えば、Amazonの創業者、ジェフ・ベゾスのようになれるよ。

 

最初Amazonは書店だったけど、

「本屋」というカテゴリーにとらわれなかったから、家電や食品も扱えるようになったんだね。

この本によると、理系脳で考えると、ストレスから解放されるよ

 

悩むのは、過去が原因だからだよ。

もちろん、全く反省しないのはよくないかど、反省したら改善案を考えて、あとはさっさと忘れよう。

トヨタがカイゼンによって、世界有数の企業になれたのも頷けるね。

 

考えてみれば、世の中にあるストレスの多くは対人関係だね。

それも、合理的じゃない人間が多いから、そして自分もまた合理的じゃないから、イザコザが起こる。

理系脳で考え、文系脳から距離を置けば、次第に合理的に考えられるようになるから、そういったストレスは少なくなるよ。

 

思えば、有名ブロガーは理系脳が多いような気がするよ。

合理的に考えるから、炎上をものともしない、むしろ、それを利用できるんだね。

 

ぼくは、そういう人たちよりも長期的に見てるから、炎上商法は使わないよ。

論理は、スタートが違えば結論も違うという特性があるよ。

そして、そのスタートは、多くの場合人それぞれで、最適解は存在しないよ。

だから、正論と正論がぶつかり合う、そしてどちらかが間違っているともいえない、そんな状況がごまんとあるよ。

そう考えているから、ぼくは「正論」を一方的にふりかけるようなしょうもないことはしないよ。

 

3.理系脳のなりかた

「まって。理系脳がいいのはわかったけれど、じゃあ、どうすればいいの?」

うん。じゃあ、考えていこう。

 

①戦略的にSNSを使え

食事の写真をアップするのを考えてみよう。

単に、食べたものを撮ってアップロードする、それもいいね。

 

ぼくがインスタにアップするなら、

料理ではなく、看板を撮るよ。

そこで、どこで何を食べたか、感想を記録する。

食べログの、視覚版だね。

ただ料理をアップするよりも情報量が多い。

「英語カワウソはいい店を知っている」

となって、ぼくの評判も上がる。

こういうことだね。

 

②最新スマホを使い続ける

アップロードするということは、全体的に見て改善の方向に進むという意味だよ。

もちろん、アップロードでむしろ悪くなることもあるけれど、全体的に見ると、何事も改善に向かっていると思うよ。

アップロードに対して

まだ東京で消耗してるの?

という人もいるけど、そんな人は文系脳だから遠ざけよう、どうか田舎で暮らしてくださいという感じだよ。

 

4.まとめ

理系脳は文系脳よりおトクだとわかったよ、

ただ一つ、問題があるとするなら、

①著者の言葉遣いが下品(意図的?)

②主観的な部分がある

だよ。

 

本には、

文系脳は無能

とまで書いてあるよ。

本全部を読めば、文系≠文系脳だってわかるけど、

まったくの造語を多用するのは誤解を招くね。

また、あまり客観的でない情報もはいっていたよ。

「こいつは気に入ったから理系脳だ!」「理系脳は人気者」

というような内容はこの記事では省いたよ。

 

ここまでだよ。

明日も見てくれるとうれしいよ(^●ω●^)

 

コチラもオススメ!

理系の特質は合理性ではない-成毛眞氏と異なる『理系脳』の定義

理屈っぽい人は論理力に乏しい人だという話。





Published by english-otter

早稲田大学先進理工学部生。英語とクイズ番組が好き。 社会問題も興味あり。計算も好き。要はたいがい好き。 好きな人は小倉唯。男性は伊沢拓司。 twitter @english_otter Naverなどまとめサイト・キュレーションサイトへの無断転載は禁止しておりますのでご了承ください

One Comment to “言葉遣いを気にしないのは「理系脳」?-成毛眞『理系脳で考える』を読む ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください