元メンサ会員のカワウソのブログ。脳科学・IQ・ブログなどについて書いていきます

カワウソは考える。

暮らし

駅のエスカレーターを歩くのは危険で、時間も大して稼げない

更新日:


最近、エスカレーターで歩かないよう推奨しているポスターを、駅などでよく見かけるよね。

 

どうしても、急いでいるときはエスカレーターを駆け上がりたくなるよね。

しかし、その危険性が指摘されている。

 

もともと機械の構造からしても片側に立たれると寿命が短くなるし、

あの狭い空間で移動されると、ストレスもたまるよね。

 

で、そんな犠牲の多い『エスカレーター片側歩き』。実際そのコストパフォーマンスはどうなのか、計算してみたよ

 

エスカレーターは遅い


エスカレーターは、歩くのより遅い

検証のため、エスカレーターについていろいろ調べたよ。

 

三菱電機 によれば、角度30°のエスカレーターの速度は30m/分以下と法律で定められているよ。

すなわち、日本のエスカレーターは、進行方向(斜め)の速度が最速でも分速30メートル・秒速50センチメートルなんだ。

 

では縦方向、上下方向に関してはどうかというと、30度のエスカレーターの場合、進行方向速度のちょうど半分になる。

つまり、分速15メートル、秒速25センチメートルとなるんだね。

1メートルの高さを登るのに4秒かかる。こう考えると確かに非常に遅いようにかんじるね。

 

エスカレーターを歩いた場合

じゃあ、このエスカレーターを歩くとどのくらいはやく移動できるか。これについても計算してみよう。

 

まず、一段あたりの高さ。

日立や三菱などのエスカレーター図面には、ステップ(のるとこ)の横幅は書いてるけど、前後幅、蹴上(段差)が何cmか書いていなかったよ。

そこで、以下のブログを参考にして、ここでは1段あたり20cmだと仮定するよ。

(参考ブログ エスカレーターの蹴上寸法:i+iエスカレーターの蹴上びたみんカフェ )

踏台が40cmくらいだから、高さは40×sin30°=20cmくらいのはず。大きく間違ってはいないはずだよ。

 

で、その20cmの蹴上を、日本人はどのくらいの速さで上がるのか。

いくつかの駅で実際歩いて計測したところ、

およそ2〜2.5段/秒

と判明したよ。

 

すなわち、エスカレーターに対して人が階段を乗り越えるを歩く相対速度(鉛直方向)は、

それぞれに高さ20cmをかけて、

40〜50cm/秒=24〜30m/分

間をとって27m/分としよう。

これに、エスカレーター自体の鉛直方向速さ15m/分 を足した

42m/分

となるんだね。

 

これは、1秒で70センチメートルも上がる計算になる。

なんとエスカレーターの鉛直速度の2.8倍

通常の階段を上る速度を、エスカレーターをのぼる相対速度と同じ27m/分とすれば、それの1.6倍

 

つまり、エスカレーターで歩けば、ただ乗るだけより2.8倍、階段より1.6倍速く移動できるんだね。

この結果だけみると、エスカレーターで歩くのは合理的なようにおもえるよ。

 

「まだ東京で消耗してるの?」煽りの危険性-Uターンで村八分

エスカレーターを歩いて得する時間はごくわずか


速度でなく時間で考える

 

ここまで見た人は、エスカレーターで歩くのはなかなかいいことだと思っているかもしれない。

その幻想を、今から否定していくよ。

 

エスカレーターを歩いて速度が階段の1.6倍ということは、時間もその分節約できるだろう。

もし階段で1分かかるようなところを、エスカレーター+歩きで上れば、所要時間は37.5秒。

20秒ほどの節約になる。

 

でも、ちょっとまって。

エスカレーターってそんなに長い時間乗るものなのだろうか。

 

たしかに、地下鉄や、そうでなくても大井町駅のエスカレーターは長いけれど、

多くの駅のエスカレーターは高低差5mほどで、10m以上のものは少数派じゃないかな。

 

ぼくの最寄り駅にあるエスカレーターも、高低差5mほどだったよ。

多くの駅等では、エスカレーターはたいてい5メートル程度だ。以下、この場合を考えていく。

 

5メートルの高低差を上りきるのにどのくらいの時間がかかるだろうか。

 

まず、エスカレーターで立ち止まって乗る場合。これは、20秒かかる。

これがエスカレーターで歩けば7.1秒。

確かに半分以上節約できるけれど、それでも12.9秒しか節約になっていない。

 

さらに言えば、通常の階段の上り速度を、先ほど書いた27m/分とすれば、

階段だと11秒

階段よりわずか4秒しか速くないという結果になったよ。

 

所要時間で考えると、たった4秒しか得していない、たいして意味のない行動だったということになるね。

数秒稼ぐために危険を冒す価値はあるか


距離で考えてみよう

 

上でわかったように、エスカレーターで歩いて稼げる時間は、階段を上った場合と比べてわずか4秒

この4秒はどのくらいの損失となるのだろうか。

 

日本人が水平な場所を平均分速80メートルで歩くと仮定すると、

4秒で歩ける距離は5.3m

つまり、歩くことによって得られるのは『4秒』あるいは『5.3m』ということになる。

 

エスカレーターで歩かなくても、水平なところでちょっと早歩きすれば取り戻せる時間あるいは距離だね。

だとすれば、エスカレーターで歩く意味はそんなにないよね。

 

エスカレーターの歩行に関して、怪我を伴う事故も起こっている。

そんな事故の原因が、わずか4秒・距離にして5.3mだと知ったら、利益に対してあまりにも危険だと思わないかな。

エスカレーターで歩いたところで、階段と比べてたった4秒しか稼げない。だとすれば、階段を使った方がいいし、そもそも全員が立って並べば、エスカレーター前がめちゃくちゃ混むということも解消されるだろう。

結果、長期的にみると、エスカレーターで歩かない方がお得になるのではないかな

 

本日は以上だよ。

急いでるときは、エスカレーターじゃなくて、水平なところで早歩きしようね(^●ω●^)


~まるちょばサイレントコメディー JAPAN TOUR 2011 [DVD]


-暮らし

Copyright© カワウソは考える。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.